メインメニューを開く

西村 睦男(にしむら むつお、1915年1月31日 - 2006年3月9日[1])は、日本の地理学者

山口県宇部市出身。1938年京都帝国大学文学部地理学科卒。京都嵯峨野高等女学校教員をへて、1951年京都大学教養部助教授、63年教授、1968年奈良女子大学文学部教授、1978年奈良大学教授、82年同学長[2]。子はドイツ文学者の西村雅樹

著書編集

  • 『やさしく詳しい中学社会科世界地理』吉野書房 学習と研究シリーズ 1958
  • 『中心地と勢力圏』大明堂 1977

共著編集

  • 『完成世界地理』谷岡武雄共著 文祥堂 1954
  • 『完成日本地理』谷岡武雄共著 文祥堂 1954
  • 『新講座地理と世界の歴史 第7-8巻 アジア篇』羽田明,日比野丈夫共編 雄渾社 1956-57
  • 『人文地理学概論』織田武雄,藤岡謙二郎共著 蘭書房 1956
  • 『地誌概説 日本・世界』藤岡謙二郎共著 大明堂 1957
  • 『人文地理・地誌辞典』織田武雄, 藤岡謙二郎共編 教学社 1959
  • 『新訂地誌概説 日本・世界』藤岡謙二郎,浮田典良共著 大明堂 1959
  • 『地誌概論 世界編』藤岡謙二郎,服部昌之共著 大明堂 1963
  • 北白川と嵯峨野 大都市周辺地域の人文地理的モノグラフ』藤岡謙二郎共著 地人書房 1965
  • 『藩領の歴史地理 萩藩』編 大明堂 1968
  • 『中心地研究の展開』森川洋共編 大明堂 1986
  • 『世界地誌 改訂増補版』藤岡謙二郎編著 浮田典良、服部昌之、金田章裕共著 大明堂 1987

論文編集

脚注編集

  1. ^ 西村睦男氏死去:47ニュース
  2. ^ 『現代日本人名録』