西沢権一郎

西沢権一郎像(長野県長野市若里公園

西沢 権一郎(にしざわ ごんいちろう、古い文書では「西澤權一郎」 1906年12月5日 - 1980年12月31日)は、長野県上水内郡小川村生まれの官僚で、元長野県知事

経歴編集

明治39年(1906年)12月5日長野県上水内郡南小川村(現・小川村)の養蚕業の家に生まれる。南小川尋常高等小学校、長野県上水内郡西部農学校を経て、昭和2年(1927年)に東京高等蚕糸学校(現・東京農工大学工学部)を卒業の後、蚕糸学校教諭となる。昭和8年(1933年高等文官試験に合格し内務省に入省。その後長野県の上級役職を歴任。昭和30年(1955年)に長野県副知事に就任。昭和34年(1959年林虎雄知事の辞任に伴う長野県知事選に立候補。初当選し2代目民選長野県知事に就任。前任者は日本社会党公認で立候補していたが特定の政党の公認を受けず日本共産党以外の県内各会派の推薦を受けて立候補。以降昭和54年(1979年)までこの方式をとって6期連続当選。「県会オール与党トロイカ体制」を実現させた。この体制は県政運営という点ではうまく行っていたが政治停滞を招いたという批判もあり現在でも功罪という点で意見が分かれている。

昭和55年(1980年4月15日脳溢血で倒れ同年の9月に病院から辞表を提出し辞任。12月31日に74歳で死去した。

随筆家としても知られていて、多くの著作物がある。

任期中に浅間山荘事件が発生しており、最前線の警察に大量の煙草と飴を差し入れている。