メインメニューを開く

西海家七代目(さいかいや ななだいめ)は、宮城県仙台市を拠点にする暴力団で、指定暴力団住吉会の2次団体(正式名称は住吉一家西海家)。

歴史編集

横浜市に本拠を置いた的屋横浜西海家初代総長・西海富次郎の若衆・横田末吉が、大正時代、仙台市奥州西海家(おうしゅうさいかいや)を興す。東北地方最大の的屋として勢力を持ち、四代目総長・藤川勝治の時代には西海家総連合会(さいかいやそうれんごうかい)と名乗っていた。

五代目総長・菅原孝太郎の頃に、住吉会傘下となり、現在は住吉一家西海家七代目と改称している。

歴代総長編集

最高幹部編集