観測ロケット(かんそくロケット)、もしくは研究ロケット(けんきゅうロケット)とは科学観測・実験のために弾道飛行を行うロケット。英語でのサウンディングロケット(sounding rocket)の名前の由来は、海事におけるSounding[計測]に由来する[1]。これは伊/西語におけるsonda/sonde[英:probe/日:探索]に由来し、sound:音とは直接の関係はない。

日本の観測ロケット

ロケットは通常、高度50キロメートルから1500キロメートルへ打ち上げられる。気球の最高到達高度(40キロメートル)よりも高く、人工衛星の最低軌道(120キロメートル)よりも低い圏内を調べる時に用いられる[2]ブラックブラントXおよびXIIでは到達高度はそれぞれ1000キロメートルと1500キロメートルに達し低周回軌道投入も可能である。観測ロケットはしばしば余剰の軍用ロケットが用いられる。

設計編集

通常、常温で貯蔵、即応的な打ち上げができる固体燃料ロケットが多く用いられる。

優位性編集

観測ロケットを研究に用いる事の優位性は経費が少なく、短期間で準備できる事である。気球に比べ到達高度が高く、人工衛星よりも安い。人工衛星搭載機器の試験にも使用される。

運用機関とロケット編集

出典編集

  1. ^ Marconi, Elaine M. (2004年4月12日). “What is a Sounding Rocket?”. Research Aircraft. NASA. 2006年10月10日閲覧。
  2. ^ NASA Sounding Rocket Program Overview”. NASA Sounding Rocket Program. NASA (2006年7月24日). 2006年10月10日閲覧。
  3. ^
    ASRI (Australian Space Research Institute) の日本語表記を「オーストラリア宇宙研究所」とする事の出典
    オーストラリア連邦科学工業研究機関”. 宇宙情報センター. JAXA. 2020年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月1日閲覧。
    小型観測ロケット計画 (SSRP, Small Sounding Rocket Program) がオーストラリア宇宙研究所の実施による物である事の出典
    Small Sounding Rocket Program (SSRP)”. オーストラリア宇宙研究所英語版. 2020年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集