メインメニューを開く

認定眼鏡士(にんていがんきょうし)とは、公益社団法人日本眼鏡技術者協会が実施する検定資格である。2001年(平成13年)4月から開始。

概要編集

眼鏡技術者の技量・知識を公益社団法人日本眼鏡技術者協会が認定する。試験は、眼鏡学校卒業生以外を対象とした一般コースと眼鏡学校卒業生を対象としたアカデミックコースが設けられており、一般コースにはAAA、AA、A級の3段階、アカデミックコースにはSSS、SS、S級の3段階がそれぞれ設けられている。最下級はA。次いでAAとSが同等。その上のAAAはSSと同等。SSSが最上級で、SSS級認定試験に合格するか、欧米への留学を経てオプトメトリスト、マイスター、オプティカー等の国家資格を留学先で取得し、日本で実務に携わる者の中から希望する者に与えられている。欧米のオプトメトリストのような業務独占はされていないが、将来その母体となりうる唯一の資格。眼鏡店の技術者が全て眼鏡士ではない。眼鏡士資格者には認定証・ネームプレートが交付されている。3年ごとの更新制で、期間内に規定回数の生涯教育講習または通信による受講を義務づけられている。

認定眼鏡士の受験資格は、高校卒で5年、短大卒で3年、大学卒で1年以上の実務経験者。試験は学科と実技で行われる。実施時期は学科が8月、実技が9月頃。

2007年3月現在において、おおよそ9000人ほどの有資格者が存在している。

養成校編集

関連項目編集

外部リンク編集