2022年(2022 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年令和4年。

千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代 2040年代
: 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 2024年 2025年

この項目では、国際的な視点に基づいた2022年について記載する。

他の紀年法編集

カレンダー編集

1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
3月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

できごと編集

1月編集

 
気象衛星GOES17号が捉えたフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山の噴火(1月15日撮影)
 
ブルキナファソの首都ワガドゥグーをパトロールする国軍兵士(1月25日撮影)

2月編集

特別軍事作戦の実施を発表するロシア大統領ウラジーミル・プーチンによる演説(2月24日公開)

3月編集

 
ロシアの攻撃によるウクライナハルキウ中心部の被害(3月1日撮影)

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

 
犯行現場となった大和西大寺駅北口(7月8日撮影)

8月編集

予定編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

時期が未定または不明なもの編集

周年編集

政治編集

経済編集

芸術・文化・ファッション編集

音楽編集

映画編集

ゲーム編集

スポーツ編集

誕生編集

没年編集

ノーベル賞編集

フィクションのできごと編集

脚注編集

注釈

  1. ^ 本年はispace Japan〈東京本社〉が最初のミッション(月面着陸ミッション)を実施予定、さらに2024年にはispace Europe〈ルクセンブルク〉も参加して2回目のミッション(月面探査ミッション)を実施予定[113][114]

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 巨大経済圏「RCEP」発効 中韓も参加、GDP・人口は世界の3割”. 朝日新聞. 2022年1月1日閲覧。
  2. ^ インドネシア、石炭輸出を一時禁止 国内発電向けを優先(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 (2022年1月1日). 2022年1月1日閲覧。
  3. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年1月1日). “NY市長にアダムズ氏就任 元警官、史上2人目の黒人” (日本語). 産経ニュース. 2022年1月1日閲覧。
  4. ^ 米国の高速炉計画に日本参加へ 原子力機構など協力” (日本語). 日本経済新聞 (2022年1月1日). 2022年1月1日閲覧。
  5. ^ “「核戦争に勝者いない」、米中など核保有5大国が共同声明”. ロイター. (2022年1月4日). https://jp.reuters.com/article/arms-nuclear-russia-idJPKBN2JD0XE?s=09 2022年1月4日閲覧。 
  6. ^ 北朝鮮“弾道ミサイル”発射か~内閣官房|日テレNEWS24
  7. ^ 北朝鮮のミサイル等関連情報(続報)”. 防衛省 (令和4年1月5日). 令和4年1月5日閲覧。
  8. ^ “北朝鮮発射は弾道ミサイルと米軍 「違法な兵器計画」”. 共同通信社. (2022年1月5日). https://nordot.app/851362690990047232?c=39550187727945729&s=09 2022年1月5日閲覧。 
  9. ^ “カザフスタン内閣総辞職 ガス高騰に抗議デモ激化、最大都市で衝突も”. 朝日新聞デジタル. (2022年1月5日). https://digital.asahi.com/sp/articles/ASQ15663JQ15UHBI026.html? 2022年1月5日閲覧。 
  10. ^ カザフスタンで内閣総辞職 燃料値上げにデモ拡大 日本経済新聞 2022年1月5日配信 2022年1月5日閲覧
  11. ^ “カザフスタン全土が非常事態態勢 ロシアなど平和維持軍を派遣へ”. 朝日新聞デジタル. (2022年1月6日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ166J3RQ16UHBI009.html 2022年1月8日閲覧。 
  12. ^ 世界の感染者、累計3億人超える オミクロン株の市中感染が急増”. 朝日新聞. 2021年1月7日閲覧。
  13. ^ “エチオピア北部、空爆で50人超死亡 ロイター報道”. 日本經濟新聞. (2022年1月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN0900X0Z00C22A1000000/ 2022年1月9日閲覧。 
  14. ^ ロシア、ウクライナへ「侵攻する意図はない」と 米ロ高官が協議 (2022年1月11日)”. BBC. 2022年2月4日閲覧。
  15. ^ “北朝鮮から弾道ミサイル発射の可能性”. 共同通信. (2022年1月11日). https://nordot.app/853403581442998272 2022年1月11日閲覧。 
  16. ^ “北朝鮮が弾道ミサイルの可能性あるもの発射 被害情報なし”. NHK NEWS WEB. (2022年1月11日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220111/k10013424151000.html 2022年1月11日閲覧。 
  17. ^ 内閣官房も弾道ミサイルの可能性と発表 沖縄タイムス配信 共同通信執筆 2022年1月14日配信 2022年1月15日配信
  18. ^ 北朝鮮のミサイル等関連情報(続報)”. 防衛省 (2022年1月14日). 2022年1月14日閲覧。
  19. ^ トンガ大規模噴火 日本の津波注意報はすべて解除”. NHK (2022年1月16日). 2022年1月16日閲覧。
  20. ^ トンガ沖海底噴火、世界でも津波観測 NZが現地支援へ”. 日本経済新聞. 2022年1月16日閲覧。
  21. ^ 【速報】Microsoftが世界トップクラスのゲーム会社「Activision Blizzard」の買収を発表”. funglr Games (2021年1月18日). 2021年1月18日閲覧。
  22. ^ インドネシア、首都をジャカルタから「ヌサンタラ」に移転へ (2022年1月19日)”. CNN. 2022年2月4日閲覧。
  23. ^ バルバドス与党圧勝 共和制移行後初の選挙: 日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2021年1月22日). 2021年1月29日閲覧。
  24. ^ CNN.co.jp : 熱帯低気圧「アナ」の死者80人以上に アフリカ南部”. CNN (2021年1月29日). 2021年1月29日閲覧。
  25. ^ ブルキナ兵士ら、政権掌握を宣言 国連はクーデターと非難”. AFP通信社 (2022年1月25日). 2022年1月25日閲覧。
  26. ^ Burkina Faso military says it has seized power”. BBC (2022年1月25日). 2022年1月25日閲覧。
  27. ^ イタリア大統領選、24日に投票開始 | ドラギ氏動向巡り不透明感”. ロイター (2021年1月24日). 2021年1月29日閲覧。
  28. ^ 【新型コロナ】モデルナがオミクロン特化ワクチン臨床試験開始 - Bloomberg”. ブルームバーグ (2022年1月27日). 2022年1月30日閲覧。
  29. ^ イタリアのマッタレッラ大統領が再選、ドラギ首相留任で政治混乱回避 - Bloomberg”. ブルームバーグ (2022年1月30日). 2022年1月30日閲覧。
  30. ^ ポルトガル総選挙、与党社会党が過半数獲得 現地報道: 日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2022年1月31日). 2022年2月27日閲覧。
  31. ^ 米軍、IS最高指導者を殺害=シリアで対テロ「急襲作戦」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News”. フランス通信社 (2022年2月4日). 2022年2月27日閲覧。
  32. ^ “Montenegro’s conservative pro-Serbian governing coalition collapses”. The Guardian. ガーディアン. (2022年2月4日). https://www.theguardian.com/world/2022/feb/04/montenegros-conservative-pro-serbian-governing-coalition-collapses 2022年2月5日閲覧。 
  33. ^ Cyclone kills at least 10 in Madagascar, destroying homes and cutting power”. ロイター (2022年2月9日). 2022年2月27日閲覧。
  34. ^ コスタリカで大統領選 候補乱立、決選投票の公算:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年2月7日). 2022年2月27日閲覧。
  35. ^ 元職と前財相が決選投票へ コスタリカ大統領選:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年2月8日). 2022年4月16日閲覧。
  36. ^ 新型コロナ: 世界のコロナ感染者4億人に オミクロン型で急増: 日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2022年2月9日). 2022年2月27日閲覧。
  37. ^ “ウクライナ全土で邦人退避勧告 外務省”. 日本経済新聞. (2022年2月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA114M70R10C22A2000000/ 
  38. ^ ドイツ大統領にシュタインマイヤー氏再選、継続性を象徴 | Reuters”. ロイター (2022年2月14日). 2022年2月27日閲覧。
  39. ^ ウクライナ親ロシア派地域 “国家として承認” プーチン大統領”. NHK (2022年2月21日). 2022年2月22日閲覧。
  40. ^ 中村亮「米、まず親ロシア地域に制裁 独立承認に対抗」『日本経済新聞』、2022年2月21日。2022年2月22日閲覧。
  41. ^ “ロシア軍、ウクライナ南部にも侵攻 「全面攻撃開始」: 日本経済新聞”. 日本経済新聞. (2022年2月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB244AD0U2A220C2000000/ 2022年2月27日閲覧。 
  42. ^ “ウクライナ、ロシアと断交 | 共同通信”. 共同通信社. (2022年2月24日). https://nordot.app/869519999287967744 2022年2月27日閲覧。 
  43. ^ “ウクライナ大統領、全土に戒厳令 ロシアの侵攻受け: 日本経済新聞”. 日本経済新聞. (2022年2月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR244ZX0U2A220C2000000/ 2022年2月27日閲覧。 
  44. ^ “キエフにミサイル攻撃か 迫るロシア軍、近郊の空港制圧: 日本経済新聞”. 日本経済新聞. (2022年2月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB253B80V20C22A2000000/ 2022年2月27日閲覧。 
  45. ^ 日本放送協会. “国際的決済網“SWIFT”からロシアの銀行締め出す制裁へ 米・欧”. NHKニュース. 2022年3月1日閲覧。
  46. ^ “「ベラルーシ国境で会談する」ゼレンスキー氏、ロシアとの交渉に合意”. 朝日新聞. (2022年2月27日). https://www.asahi.com/articles/ASQ2W7WC1Q2WOIPE01F.html 2022年2月27日閲覧。 
  47. ^ “プーチン氏、戦略核部隊に「特別警戒」命令 ゼレンスキー氏、ベラルーシ国境での交渉に合意”. BBC NEWS. (2022年2月27日). https://www.bbc.com/japanese/60543765 2022年2月27日閲覧。 
  48. ^ Володимир Зеленський facebook” (2022年2月27日). 2022年2月27日閲覧。
  49. ^ ウクライナ、停戦交渉合意”. 共同通信. 2022年2月27日閲覧。
  50. ^ ウクライナ、ベラルーシ国境での停戦交渉に合意 ロシアと前提条件付けず プーチン氏は核でけん制”. 東京新聞. 2022年2月27日閲覧。
  51. ^ 国連総会、緊急会合へ 安保理要請で40年ぶり ウクライナ侵攻巡り”. 毎日新聞 (2022年2月28日). 2022年2月28日閲覧。
  52. ^ 国連総会の緊急特別会合 ロシアを非難する決議 賛成多数で採択”. NHK (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  53. ^ 韓国大統領に尹錫悦氏、激戦制す 5年ぶり保革の政権交代 - ロイター (2022年3月10日) 、2022年3月11日閲覧。
  54. ^ バラジ・ラウラ (2022年3月18日). “ハンガリー初の女性大統領が誕生”. JETRO. 2022年4月4日閲覧。
  55. ^ 念佛明奈 (2022年3月11日). “ハンガリーに初の女性大統領 議会選前に有権者へアピール狙う”. 毎日新聞. 2022年4月4日閲覧。
  56. ^ チリ大統領に左派ボリッチ氏就任 TPP批准に遅れも:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年3月12日). 2022年4月16日閲覧。
  57. ^ トルクメンで大統領選実施 独裁者の息子、勝利確実視:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年3月13日). 2022年4月16日閲覧。
  58. ^ 元職と現職で来月決選投票へ 東ティモール大統領選:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年3月21日). 2022年4月23日閲覧。
  59. ^ 中国南部で旅客機墜落 132人乗り、現場で捜索”. 時事通信. 2022年3月21日閲覧。
  60. ^ 中国機墜落、生存者なし 120人の所持品など回収:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web (2022年3月26日). 2022年3月26日閲覧。
  61. ^ Electoral Commission of Malta”. electoral.gov.mt. 2022年3月28日閲覧。
  62. ^ "民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について". 法務省. 2022年3月31日閲覧
  63. ^ 18、19歳の実名報道可能に 改正少年法きょう施行”. 日本経済新聞 (2022年4月1日). 2022年4月4日閲覧。
  64. ^ “イエメン内戦2カ月の停戦合意 国連仲介、実効性焦点に”. 日本経済新聞. (2022年4月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR034CP0T00C22A4000000/ 2022年4月8日閲覧。 
  65. ^ ウクライナの路上に残される数々の遺体、ロシア後退後の首都郊外ブチャで”. BBC (2022年4月3日). 2022年4月4日閲覧。
  66. ^ 久門武史 (2022年4月3日). “ウクライナ「キーウ州全域奪還」 市民多数犠牲、虐殺か(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞. 2022年4月4日閲覧。
  67. ^ 対ロ融和的、現職再選 セルビア大統領選:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月4日). 2022年4月16日閲覧。
  68. ^ “強権オルバン首相の与党勝利 ハンガリー総選挙、親ロ批判も:時事ドットコム”. 時事通信社. (2022年4月4日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022040400222 2022年4月16日閲覧。 
  69. ^ “コスタリカ大統領選の決選投票、チャベス前財務相が勝利 | ロイター”. ロイター. (2022年4月4日). https://jp.reuters.com/article/costa-rica-election-idJPKCN2LW0AC 2022年4月16日閲覧。 
  70. ^ “イエメン大統領、新評議会へ権限移譲 サウジ歓迎、和平交渉促す”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2022年4月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022040701010 2022年4月7日閲覧。 
  71. ^ “Yemen president hands powers to new leadership council”. Al Jazeera English. アルジャジーラ. (2022年4月7日). https://www.aljazeera.com/news/2022/4/7/yemen-president-transfers-powers-saudi-calls-for-houthis-talks 2022年4月7日閲覧。 
  72. ^ 人権理、ロシアの資格停止 賛成93カ国 国連総会が採択- 毎日新聞 2022年4月8日
  73. ^ 国連総会緊急会合 人権理事会、ロシア資格停止を可決 - 日本経済新聞 2022年4月8日
  74. ^ “パキスタン首相が失職 下院が不信任案可決”. 時事ドットコム. (2022年4月10日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2022041000124&g=int 2022年4月10日閲覧。 
  75. ^ “パキスタン首相が失職 経済失策で下院が不信任”. 産経新聞. (2022年4月10日). https://www.sankei.com/article/20220410-M644TPGAX5NWDA46QCXZKTC3HQ/ 2022年4月10日閲覧。 
  76. ^ パキスタン新首相にシャバズ・シャリフ氏 経済危機に対応へ:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月11日). 2022年4月16日閲覧。
  77. ^ Situational Report No. 8 for TC AGATON (2022) (Report). National Disaster Risk Reduction and Management Council. (2022-04-16). https://ndrrmc.gov.ph/attachments/article/4184/SitRep_No_8_for_TC_AGATON_2022_Update.pdf 2022年4月16日閲覧。. 
  78. ^ 新型コロナ感染確認 世界全体で5億人を超える”. NHKニュース (2022年4月13日). 2022年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月13日閲覧。
  79. ^ 世界のコロナ感染者数が累計5億人超す…2か月で1億人増、収束見通せず”. 読売新聞オンライン (2022年4月13日). 2022年4月13日閲覧。
  80. ^ NY地下鉄で乱射、23人負傷 男逃走、通勤時間帯に混乱:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月13日). 2022年4月17日閲覧。
  81. ^ Russian warship: Moskva sinks in Black Sea”. BBC News (2022年4月15日). 2022年4月15日閲覧。
  82. ^ Russia says Moskva cruiser has sunk after reported Ukrainian missile strike”. The Guardian (2022年4月15日). 2022年4月15日閲覧。
  83. ^ “Russian warship Moskva has sunk - state media”. BBC News. (2022年4月14日). https://www.bbc.com/news/world-europe-61114843 2022年4月14日閲覧。 
  84. ^ Reuters (2022年4月14日). “Russia says flagship missile cruiser Moskva has sunk after fire” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/world/europe/russia-says-flagship-missile-cruise-ship-has-sunk-after-fire-2022-04-14/ 2022年4月14日閲覧。 
  85. ^ 世界最高齢の田中カ子さん死去 119歳、国内歴代も更新―福岡:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月25日). 2022年4月25日閲覧。
  86. ^ 東ティモール大統領選、平和賞のホルタ氏当選 現職破り、72歳返り咲き:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月20日). 2022年4月23日閲覧。
  87. ^ 男性3人の死亡確認 死者14人に―知床観光船事故”. www.jiji.com. 2022年4月28日閲覧。
  88. ^ マクロン氏再選 ルペン氏と再対決、差縮まる―仏大統領選:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月25日). 2022年4月25日閲覧。
  89. ^ スロベニア議会選、左派新党が勝利 ヤンシャ政権退陣へ: 日本経済新聞”. 日本経済新聞 (2022年4月25日). 2022年4月30日閲覧。
  90. ^ 米ツイッター、買収受け入れ マスク氏が全株取得5.6兆円―非上場化で収益改善へ:時事ドットコム”. 時事通信社 (2022年4月26日). 2022年4月30日閲覧。
  91. ^ “中央アフリカが法定通貨にビットコイン採用、世界で2カ国目”. ロイター. (2022年4月28日). https://jp.reuters.com/article/centralafrica-economy-bitcoin-idJPKCN2MJ28C 2022年4月28日閲覧。 
  92. ^ “モンテネグロで新政権 議会が承認 | 共同通信”. 共同通信社. (2022年4月29日). https://nordot.app/892600331457445888 2022年4月30日閲覧。 
  93. ^ マルコス氏、フィリピン大統領に就任”. 日本経済新聞 (2022年6月30日). 2022年7月16日閲覧。
  94. ^ スリランカ首相が辞任、大統領の実兄-危機エスカレートの中”. ブルームバーグ (2022年5月9日). 2022年5月10日閲覧。
  95. ^ “新首相にウィクラマシンハ氏”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2022年5月13日). https://www.jiji.com/jc/p?id=20220513090136-0041662878 2022年7月13日閲覧。 
  96. ^ “UAE、ムハンマド皇太子を大統領に選出”. 日本経済新聞. (2022年5月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR143CG0U2A510C2000000/ 2022年5月14日閲覧。 
  97. ^ “Somalia's new president officially takes charge of the country”. アフリカニュース. (2022年5月23日). https://www.africanews.com/2022/05/23/somalia-s-new-president-officially-takes-charge-of-the-country/ 2022年5月26日閲覧。 
  98. ^ “Lebanon election: Hezbollah and allies loose parliamentary majority” (英語). BBC News. (2022年5月17日). https://www.bbc.com/news/world-middle-east-61463884 2022年5月19日閲覧。 
  99. ^ “レバノン議会で親イラン系が過半数割れ 組閣難航も”. 日本経済新聞. (2022年5月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR186DU0Y2A510C2000000/ 2022年7月16日閲覧。 
  100. ^ カナダとデンマーク、北極圏の島の分割領有に合意”. 日本経済新聞 (2022年6月16日). 2022年7月23日閲覧。
  101. ^ "Microsoft、IE(Internet Explorer)サポート終了は2022年6月15日". ITmedia NEWS. 株式会社アイティメディア. 20 May 2021. 2021年5月20日閲覧
  102. ^ アフガン地震の死者、1000人超に”. 共同通信. 2022年6月22日閲覧。
  103. ^ 各国首脳「大きな後退」 バチカンは歓迎―米中絶権否定”. 時事ドットコムニュース. 2022年6月25日閲覧。
  104. ^ 習氏、一国二制度の成功を主張 香港の民主派締め付け正当化 一般社団法人共同通信社 2022年7月1日配信 2022年7月1日閲覧
  105. ^ “安倍元首相 銃で撃たれ心肺停止か 奈良市で演説中”. NHK. (2022年7月8日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220708/k10013707601000.html 2022年7月8日閲覧。 
  106. ^ “安倍元首相が倒れる、発砲音も 奈良・大和西大寺駅付近”. 朝日新聞デジタル. (2022年7月8日). https://www.asahi.com/articles/ASQ783WDYQ78DIFI004.html 2022年7月8日閲覧。 
  107. ^ "【速報】「プロアスリートとしてスケート続ける」 羽生結弦選手、競技の一線退く意向表明". 河北新報 ONLINE NEWS. 河北新報社. 19 July 2022. 2022年7月19日閲覧
  108. ^ “WHO 「サル痘」で緊急事態を宣言 さらなる感染拡大のおそれ”. 日本放送協会. (2022年7月24日). オリジナルの2022年7月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220723160008/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220723/k10013733021000.html 2022年7月24日閲覧。 
  109. ^ 2022年のCOP27、エジプト開催が決定、途上国への気候変動対策援助を要請(2021年11月22日)”. 日本貿易振興機構. 2022年1月8日閲覧。
  110. ^ 世界人口は今年11月に80億人に:国連が「世界人口推計2022年版」を発表国連人口基金駐日事務所 2022年7月12日、2022年8月7日閲覧)
  111. ^ 世界人口、年内に80億人に 国連AFPBB News, 2022年7月11日、2022年8月7日閲覧)
  112. ^ “ホンダ「NSX」生産終了 22年12月で”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2021年8月3日). https://www.sanspo.com/article/20210803-KV2TIW5WVBPBND7PHPHPI42YOA/ 2021年8月4日閲覧。 
  113. ^ a b NASAが月試料収集プロジェクトに日本のiSpaceなど4社を選抜、宇宙鉱業のパイオニア育成を目指す”. TechCrunch Japan (2020年12月4日). 2020年12月5日閲覧。
  114. ^ 月着陸船と月面車を開発、民間プログラム『HAKUTO-R』の進捗は順調(レスポンス 2022年1月26日)
  115. ^ フォークランド紛争40年 アルゼンチン 英に対話通じ返還求めるNHKニュース 2022年4月3日配信 2022年4月3日閲覧
  116. ^ 【独自】安倍元首相を特使でマレーシア派遣調整 “安倍派”も誕生へ TBS NEWS 2021年11月8日配信 2021年11月29日閲覧
  117. ^ 日中国交正常化50周年閲覧どうなる? テレ朝ニュース 2021年11月17日配信 2021年11月29日閲覧
  118. ^ a b 「トップガン マーヴェリック」「ミッション:インポッシブル7」の米公開が再延期”. 映画.com (2021年9月3日). 2021年9月4日閲覧。
  119. ^ “トム・クルーズ主演『トップガン2』米国公開日、2020年夏に約1年延期 ― 「複雑なフライト・シーン」撮影のため”. THE RIVER. (2018年8月30日). https://theriver.jp/topgun2-delayed/ 2018年9月26日閲覧。 
  120. ^ 「トップガン マーヴェリック」国内も公開延期、トム・クルーズはSNSでコメント”. 映画ナタリー (2020年5月13日). 2020年5月13日閲覧。
  121. ^ 「トップガン マーヴェリック」、来年7月に公開延期”. CNN (2020年7月27日). 2020年7月28日閲覧。
  122. ^ SAWADY (2020年10月7日). “『ジュラシック・ワールド』第3作が丸1年延期、2022年6月米公開に”. The River. riverch. 2022年1月1日閲覧。
  123. ^ 野尻抱介 『太陽の簒奪者』早川書房、2005年、53-83頁。ISBN 978-4-15-030787-5 
  124. ^ ソムトウ・スチャリトクル 『スターシップと俳句』早川書房、1984年、19-26頁。ISBN 978-4-15-010580-8 
  125. ^ 展覧会 岡本太郎
  126. ^ a b 川原礫 『ソードアート・オンライン1 アインクラッド』アスキー・メディアワークス、2009年、25-50頁。ISBN 978-4-04-867760-8 
  127. ^ マイクル・P・キュービー=マクダウエル 『アースライズ 下』東京創元社、1991年、240-308頁。ISBN 978-4-488-70102-4 
  128. ^ 『COWBOY BEBOP GUIDE STARTING BOOK』 学習研究社、1998年、32・33頁。アニメディア'98年11月号第2付録。
  129. ^ 「攻速機動ゼロシーダII シード・ゴライオス」パッケージ ヒーロー
  130. ^ 『トップをねらえ大全!』バンダイビジュアル、2012年、28,138頁。ISBN 978-4-04-899247-3 
  131. ^ STORY ストーリー - 『地球防衛軍5』公式サイト。2016年12月26日閲覧。
  132. ^ 野尻抱介 『南極点のピアピア動画』早川書房、2012年、140-143,148-152,186-304,318頁。ISBN 978-4-15-031058-5 
  133. ^ 『Make: Technology on Your Time Volume 05』オライリー・ジャパン、2008年、186頁。ISBN 978-4-87311-379-1 
  134. ^ ミシェル・ウエルベック 『服従』河出書房新社、2015年、46-48,109,110,155-157,191-196,292頁。ISBN 978-4-309-20678-3 

関連項目編集