メインメニューを開く

誘導棒(ゆうどうぼう)は、交通整理や車両誘導等に使われる懐中電灯の一種である。

交通法上の正式名は「赤色灯」である[1]

名称について編集

誘導灯(ゆうどうとう)や赤灯(あかとう)、合図灯(あいずとう[2])、停止棒(ていしぼう)などと呼ばれることもある。

また、警察官交通誘導警備員などの間では、赤く細長い形状から「ニンジン」と俗称されることがある。北海道警察では灯火の活用意味を込め「停止合図灯」と言い、形状からは「スター棒」と表記している。

英語では"Traffic Wand"と呼ばれる。長崎県の一部の地域では「イケイケ棒」と呼ばれる。

構造編集

一般的な製品は全長約50cm程度であり、持ち手と、持ち手から伸びる透明または半透明なライト部分で構成されている。この持ち手の部分に電池スイッチを内蔵しており、スイッチを入れるとライト部分の根元にある豆電球など発光素子が光を発する事によって全方向から視認できる光が出るようになっている。

多くの場合、ライト部分に赤色の素材や赤色発光ダイオードを使用するなどして、赤色の光を発する構造になっている。一昔前はただ赤く点灯するだけだったが、現在は点滅するタイプが主流となっており、緑色・青色に発光するもの、赤青と交互に点滅するものなどが存在する。電池を使用しないタイプの誘導棒も売られているが、これはライト部分を反射材に代えたもので、日中や夜間で光源がある場合に使用されている。

民生用と警察庁仕様では構造が異なり、警察庁仕様は市販されていない(警察用は手元にも白色灯が付随しており、夜間はこれで身分証や運転免許証を確認する)。

使用方法編集

誘導棒の振り方によって、誘導される車がどのように行動すればよいかを示すことができるため、交通整理や工事現場・駐車場等の車両誘導に使用されている。より視認性を重視する場合は、全長90cmの長いタイプを用いたり、同時に二本の誘導棒を使用することもある。誘導を行うにあたっては一台一台の車両に向かってハッキリと判りやすい合図を行うことが最も重要で、二輪車やトラックといった車種で異なる運転席の高さにも注意する必要がある。交通誘導を行なう警備会社では、警務職の初任研修での必修項目である。

交通誘導の用途以外では、アイドルの親衛隊がコンサート会場等で使用したほか、その外見が酷似していることから、しばしばライトセーバービームサーベルになぞらえられたり、それらに見立てて遊ぶ光景も見られる。

脚注編集

  1. ^ パトカーの屋根部積載の赤ランプも「赤色灯」と呼ばれるが、これは「赤色回転灯」が正しい名称である。
  2. ^ Google検索ではこちらでヒットする可能性が高い。

関連項目編集