メインメニューを開く

諏訪 忠礼(すわ ただあや)は、信濃諏訪藩の第10代(最後)の藩主。

 
諏訪 忠礼
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永6年1月13日1853年2月20日
死没 明治11年(1878年10月10日
墓所 東京都文京区本駒込の吉祥寺
官位 従五位下、伊勢
幕府 江戸幕府
信濃国諏訪藩
氏族 諏訪氏
父母 父:諏訪頼威、養父:諏訪忠誠
正室:諏訪忠誠の娘
テンプレートを表示

生いたち編集

この節の出典:[1]

嘉永6年(1853年)正月13日に諏訪頼威(第8代藩主諏訪忠恕の三男)の次男に生まれる。慶応4年(1868年)2月8日、先代藩主で伯父に当たる忠誠の養嗣子となる。同年5月15日の養父の隠居により家督を継いだ。明治2年(1869年)の版籍奉還知藩事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県高島県知事となる。同年11月20日、高島県廃止と共に免官され、東京へ移った。明治11年(1878年)10月10日に死去した。享年26。家督は養父の忠誠が再び相続した。

出典編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『諏訪忠礼』 - コトバンク</ref name="asahi">朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『諏訪忠礼』 - コトバンク