メインメニューを開く

諏訪 忠誠(すわ ただまさ)は、江戸時代末期の譜代大名老中信濃諏訪藩第9代藩主。

 
諏訪 忠誠
Suwa Tadamasa.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政4年5月8日1821年6月7日
死没 明治31年(1898年2月19日
改名 鍈太郎(幼名)→忠誠
墓所 東京都文京区本駒込吉祥寺
官位 従五位下、因幡守、従四位下、侍従兼因幡守、従三位子爵
幕府 江戸幕府若年寄寺社奉行老中
主君 徳川家慶家定家茂慶喜
信濃諏訪藩
氏族 諏訪氏
父母 諏訪忠恕
:烈(清昌院、松平定信の娘)
兄弟 忠誠頼図頼威
正室(貞鏡院、松平乗寛の娘)
継室松平康任の娘)
継々室(瓊芳院、朽木綱条の娘)
直姫(諏訪忠礼正室)、娘(鳥居成善室)、晴子(諏訪忠元正室)
養子忠礼忠元

目次

生涯編集

文政4年(1821年)、諏訪忠恕の長男に生まれる。天保11年(1840年)、父の隠居に伴い家督を相続した。外祖父の松平定信は忠誠の人となりを見て、将来有望であると太鼓判を押した。その予想通り万延元年(1860年若年寄文久2年(1862年寺社奉行元治元年(1864年)には老中に就任する。

同年、武田耕雲斎率いる水戸天狗党(総勢1000人の浪士)はを目指し、10月20日には諏訪藩領内の和田峠を越えようとさしかかった。幕府高島藩と隣の松本藩に出兵を命じ、諏訪・松本両藩2000人は和田峠で迎撃をしたが、藩兵は6名の犠牲者を出し、突破されている。

一方、幕府では若年寄、寺社奉行、老中と昇格したが、老中在任中の慶応元年(1865年)、将軍・徳川家茂長州征討のため出陣するのに強く反対し、同じ立場だった長岡藩主の牧野忠恭とともに老中職を罷免された。

慶応4年(1868年)5月24日に隠居し、養嗣子とした忠礼に家督を譲った。明治4年(1871年)4月、東京に移住した。明治11年(1878年)10月、忠礼の死去により家督を再び相続した。明治17年(1884年7月子爵を授かる。明治31年(1898年)に死去した。家督娘婿忠元溝口直溥の十四男)が継いだ。

年譜編集

※日付=旧暦。但し、明治6年以降は新暦。

  • 1821年文政4年)、誕生。
  • 1835年天保6年)12月15日、従五位下因幡守に叙任。
  • 1840年(天保11年)11月5日、家督相続し、高島藩主継承。
  • 1860年万延年)6月1日、若年寄就任。
  • 1861年文久元年)8月11日、若年寄辞職。
  • 1862年(文久2年)10月9日、寺社奉行就任(時に奏者番廃止により兼務無し)。 11月11日、若年寄に異動再任。 12月18日、勝手掛及び外国御用取扱兼務。
  • 1864年元治元年)6月18日、若年寄御役御免。 6月29日、老中格に異動。 7月23日、老中に異動。 9月1日、従四位下に昇叙。因幡守如元。 10月13日、外国御用取扱兼務。 11月10日、侍従兼任。
  • 1865年慶応元年)4月19日、老中免職。
  • 1868年(慶応4年)5月、隠居。
  • 1874年明治7年)、東京都港区芝公園鎮座の芝東照宮祠官就任。
  • 1878年明治11年)7月、東京都港区芝大門鎮座の芝大神宮祠官就任。
  • 1879年(明治12年)6月、芝大神宮祠官辞任。
  • 1882年(明治15年)4月、芝大神宮祠官再任。
  • 1884年(明治17年)7月8日、子爵授爵。
  • 1889年(明治22年)11月、芝大神宮祠官辞任。
  • 1891年(明治24年)2月、長野県諏訪市鎮座の諏訪神社(現今の諏訪大社)宮司就任。
  • 1893年(明治26年)12月、諏訪神社宮司辞任。
  • 1895年(明治28年)8月、芝大神宮社司就任。
  • 1897年(明治30年)5月、芝大神宮社司辞任。
  • 1898年(明治31年)、死去、享年77。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
諏訪諏訪家初代
1884年 - 1898年
次代:
諏訪忠元