論争ジャーナル

日本の雑誌

論争ジャーナル』(ろんそうジャーナル)は、育誠社1967年1月から1969年10月まで刊行していた保守総合雑誌[1]

論争ジャーナル
the ronso journal
Image-request.png
画像募集中
ジャンル 総合雑誌、論壇雑誌
読者対象 保守派・右派市民
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 育誠社
編集部名 論争ジャーナル
発行人 中辻和彦
編集長 中辻和彦
副編集長 万代潔持丸博
雑誌名コード NCID AN1029802X
刊行期間 1967年1月 - 1969年10月(第3巻7号)
発行部数 3,000-5,000部()
テンプレートを表示

概要編集

『論争ジャーナル』は、平泉澄の門下生が中心となり刊行された[1]

1967年2月号の表紙は三島由紀夫[1]

同誌は、村松剛高坂正堯遠藤周作佐伯彰一福田恆存三島由紀夫西尾幹二などが執筆した[1]

持丸博(『論争ジャーナル』副編集長)と佐藤松男の共著『証言 三島由紀夫・福田恆存 たった一度の対決』(文藝春秋社2010年)によると、創刊号は発行部数5千部、実売3千部[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 竹内 2011, p. 442.

参考文献編集

外部リンク編集