諸県

漢代から南北朝時代まであった中国の県

諸県(しょ-けん)は、中国にかつてあった県の一つである。現在の山東省諸城市の西南にあたる[1]

前漢では琅邪郡の下に置かれた。のとき、諸并県(しょへいけん)と改称したが、後漢で戻された[1]

三国時代では城陽郡に属した。北魏東魏では東莞郡に属した。北斉天保7年(556年)に東武県に編入されてなくなった。

脚注編集

  1. ^ a b 班固漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、335頁。