メインメニューを開く

谷口 安平(たにぐち やすへい、1934年(昭和9年)12月26日 - )は、日本の民事訴訟法学者弁護士専修大学教授弁護士法人松尾綜合法律事務所客員弁護士。

目次

人物編集

京都府立鴨沂高校卒業、日本の司法試験は、京都大学法学部在学中に合格。その後、民法並びに民事訴訟法などを主な研究領域とした学者を目指し、海外ロースクールへ留学。

倒産法分野の研究においては、日本では権威的存在である。また、株式会社における総会決議の効力を争う訴訟について、その実質が会社という法人自身は紛争主体になっていない内部紛争であることに着目し、会社の被告適格性に疑問を呈した「コップの中の嵐」理論でも知られる[1][2]

民法学者谷口知平の実子(次男)。

経歴編集

著書編集

  • 『倒産処理法』(筑摩書房、初版1976年、第二版6刷1986年)絶版
  • 『口述 民事訴訟法』(成文堂、初版1987年、第7刷1997年)絶版
  • 『民事手続法論集』全4巻(信山社)

2006年に古稀祝賀論文集として『現代民事司法の諸相』(成文堂)が発行されている。 ゛

外部リンク編集

  • WTO公式サイトでの略歴:[3]