谷 衛成(たに もりなり)は、江戸時代前期の丹波国山家藩の世嗣。通称は内蔵助。

 
谷衛成
時代 江戸時代前期
生誕 天正10年(1582年
死没 寛永3年12月2日1627年1月19日
別名 雅楽助、内蔵助(通称
戒名 雪庭宗樹正禅院
丹波山家藩世嗣
氏族 谷氏
父母 谷衛友、木下氏
兄弟 衛成吉長衛勝衛政衛長衛冬
虎之助、兵左衛門、園基音室、谷主膳室、澤瀬加兵衛室、藤江元園
堀秀政
衛治、衛之、藤掛永重正室、山名某室、谷衛利正室、
建部直昌
テンプレートを表示

略歴編集

初代藩主・谷衛友の長男として誕生した。母は木下氏。正室は堀秀政の娘。

家督を相続することなく、寛永3年(1626年)に45歳で没した。代わって、四弟・衛政が嫡子となり、のちに家督を継いだ。なお、衛成の三女は衛政の嫡男・衛利の正室となり、3代藩主・谷衛広の生母となっている。