谷衛政

谷 衛政(たに もりまさ)は、丹波山家藩の第2代藩主

 
谷 衛政
時代 安土桃山時代から江戸時代前期
生誕 慶長3年(1598年
死没 寛文2年12月2日1663年1月11日
官位 従五位下大学頭
主君 徳川家光家綱綱吉
丹波山家藩主
氏族 谷氏
父母 父:谷衛友、母:木下氏
兄弟 衛成吉長衛勝衛政衛長衛冬
正室:山口氏
衛利(長男)、衛次(次男)、衛則(四男)、衛吉(五男)、高原仲頼(八男)、娘(猪子某室)、娘(東條長矩室)、娘(遠山某室)、娘(天野雄正室)

生涯編集

初代主・谷衛友四男寛永4年(1627年)、父が死去したため、翌年に跡を継いだ。寛文2年(1662年)、65歳で死去した。嫡男・衛利は早世しており、跡を衛利の長男衛広が継いだ。