貞丈雑記』(ていじょうざっき)は、江戸時代後期の有職故実書。 16巻、36部。伊勢貞丈著。子孫への古書案内,故実研究の参考書として,宝暦13年(1763年) - 天明4年(1784年) 年の 22年間にわたり執筆。草稿のまま伝わったのを岡田光大が校訂して天保14年(1843年)に刊行した。

現代の翻刻として平凡社東洋文庫から全4冊で刊行されている(島田勇雄校訂)。

参考文献編集

  • 『ブリタニカ国際大百科事典』 小項目事典

関連項目編集

外部リンク編集