メインメニューを開く

三代格式(さんだいきゃくしき)とは、平安時代に編纂された弘仁格式貞観格式延喜格式の三つの格式(律令の補助法令)の総称である。

概要編集

弘仁貞観延喜とは、それぞれの格式が編纂された年代の元号であるが、実際に完成し施行された年代の元号とはずれが生じることもある。

三代格式編集

弘仁格式編集

嵯峨天皇藤原冬嗣に編纂させた。

701年(大宝元年)から819年(弘仁10年)までの格を編纂。一部現存。
701年(大宝元年)から819年(弘仁10年)までの式を編纂。一部現存。

貞観格式編集

清和天皇藤原氏宗に編纂させた。

820年(弘仁11年)から868年(貞観10年)までの詔勅官符集。
869年(貞観11)完成。現存せず。
871年(貞観13)完成。現存せず。

延喜格式編集

醍醐天皇藤原時平に編纂させた。

869年(貞観11年)から907年(延喜7年)の間の詔勅官符集。
908年(延喜8年)に施行。現存せず。全12巻。
905年(延喜5年)から編纂され、927年(延長5年)に完成。
967年(康保4年)に施行。全50巻。

参考文献編集

  • 日本史用語研究会『必携日本史用語』実教出版(原著2009年2月2日)、四訂版。ISBN 9784407316599

関連項目編集