メインメニューを開く

(とん)とは、パーリ語およびサンスクリット語ローバlobha)、ラーガ(rāga)に由来する仏教用語であり、仏教が教える煩悩のひとつ。別名を貪欲(とんよく[1])、我愛といい五欲の対象である万の物を必要以上に求める心である。[2]。 貪り[3]。心にかなう対象に対する欲求[3]。対義語は無貪(alobha)。

仏教用語
英語 greed, sensuality, desire, attachment or excitement for sensory objects, lust, sexual desire, passion
パーリ語 lobha, rāga
サンスクリット語 राग (rāga)、लोभ (lobha)
中国語 貪 (T) / 贪 (S)
日本語
(ローマ字: ton)
クメール語 លោភៈ , លោភ
(Lopheak, Lorp)
韓国語
(RR: tam)
チベット語 འདོད་ཆགས་
(Wylie: ‘dod chags;
THL: döchak
)
タイ語 ราคะ
(rtgsrakha)

このような心は、我(近代哲学でいう自我に近い)を実体的なものとして把握してしまう誤りから起こる。

  • 大乗仏教における三毒とのひとつ。怒りの心である、真理に対する無知を意味する(痴)とあわせて、仏教で最も克服されるべき対象(人間の諸悪・苦しみの根源)とされる。
  • 上座部仏教における三不善根のひとつ。
  • 大乗仏教アビダルマにおける六根本煩悩のひとつ。
  • 説一切有部五位七十五法のうち、(心所法-)不定法のひとつ。

定義編集

原語としては、: lobha, rāga(三毒の一)、または: abhidhyā, : abhijjhā五蓋の一)など多種ある。

大乗阿毘達磨集論』(Abhidarmasamuccaya)では以下とされている。

貪(rāga)とは何か? それは三有への愛着である。それは苦を引き起こす作用がある[4]
(何等為貪?謂三界愛為体、生衆苦為業。)

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「とんよく【貪欲】」 - 大辞林 第三版、三省堂。
  2. ^ 日本大辞典刊行会編 1975.
  3. ^ a b 櫻部・上山 2006, p. 115.
  4. ^ Asaṅga; Walpola Rahula; Sara Boin-Webb (2001). Abhidharmasamuccaya: The Compendium of the Higher Teaching. Jain Publishing. p. 11. ISBN 978-0-89581-941-3. https://books.google.com/books?id=ck4BrBqBdYIC. 

参考文献編集

関連項目編集