涅槃

ヒンドゥー教、ジャイナ教、仏教における概念で、輪廻から解放された状態のこと

涅槃(ねはん)、ニルヴァーナサンスクリット語: निर्वाणnirvāṇa)、ニッバーナパーリ語: निब्बानnibbāna)とは、一般にヒンドゥー教ジャイナ教仏教における概念であり、繰り返す再生の輪廻から解放された状態のこと[1][2][3]

ヒンドゥー教用語
ニルヴァーナ
英語 freedom, liberation
サンスクリット語 निर्वाण
(IAST: nirvāṇa)
ベンガル語 নির্বাণ
(nirbanô)
グジャラート語 નિર્વાણ
(nirvāṇa)
ヒンディー語 निर्वाण
(nirvāṇa)
ジャワ語 ꦤꦶꦂꦮꦤ
(nirwana)
カンナダ語 ನಿರ್ವಾಣ
(nirvāṇa)
マラヤーラム語 നിർവാണം
(nirvanam)
ネパール語 निर्वाण
(nirvāṇa)
オリヤー語 ନିର୍ବାଣ
(nirbaana)
パンジャブ語 ਨਿਰਬਾਣ
(nirbāṇa)
タミル語 வீடுபேறு
(Veeduperu)
テルグ語 నిర్వాణం
(nirvaanam)

インド発祥の宗教においては、涅槃は解脱(モークシャ मोक्ष mokṣa または ムクティ मुक्ति mukti)の別名である[4][5]。すべてのインドの宗教は、涅槃は完全な静寂、自由、最高の幸福の状態であるだけでなく、誕生、生、死の繰り返しである輪廻からの解放と終了であると主張している[6][7]

仏教においては、煩悩を滅尽して悟り智慧菩提)を完成した境地のこと[8][9]。涅槃は、生死を超えた悟りの世界であり、仏教の究極的な実践目的とされる[8][注釈 1]。完全な涅槃を般涅槃(はつねはん)、釈迦入滅大般涅槃という[8][10][注釈 2]。この世に人として現れた肉体を指すこともある[8]仏教以外の教えにも涅槃を説くものがあるが、仏教の涅槃とは異なる[8]

原語・漢訳・同義語編集

原語のサンスクリット語: nirvāṇa(ニルヴァーナ、: nibbāna)とは「消えた」という意味である[11]。「涅槃」はこれらの原語の音写である[8][9][注釈 3]。音写はその他に泥曰(ないわつ)、泥洹(ないおん)、涅槃那、涅隸槃那などがある[8]

: nirvāṇaは、滅、寂滅、滅度、寂、寂静、不生不滅[要出典]などと漢訳される[8]。また、解脱、択滅(ちゃくめつ)、離繋(りけ)などと同義とされる[8]釈迦入滅を、大いなる般涅槃、すなわち大般涅槃(だいはつねはん、: mahāparinirbāṇa)、あるいは大円寂という[10]

ヒンドゥー教編集

ヴェーダや初期ウパニシャッドといったヒンドゥー教の最も古い聖典では、救済論的な用語「涅槃」について言及していない[12] 。この用語はバガヴァッド ギーター(Bhagavad Gita)[12]やニルヴァーナ・ウパニシャッド(Nirvana Upanishad)などのテキストに見られ、釈迦以降の時代に創作された可能性が高い[13]

涅槃の概念は、仏教とヒンドゥー教の文学では異なって説明されている[14] 。ヒンドゥー教はアートマン(自我・魂)の概念を持ち、すべての生物に存在すると主張しているが[15][16][17] 、一方で仏教は無我の教義を通じて、いかなる存在にもアートマンは存在しないと主張している[18][19]

ヒンドゥー教における古代の救済論的概念は解脱(Moksha)であり、自己認識・永遠の存在であるアートマンと形而上学的ブラフマンのつながり(梵我一如)による、生と死のサイクルからの解放として説明されている。Moksha とは、自由、手放す、手放す、解放するという意味の root muc* (サンスクリット語: मुच्)に由来する。Mokshaは「解放、自由、魂の離脱」を意味する[20][21]

ジャイナ教編集

ジャイナ教聖典においては、、解脱と涅槃は、しばしば同じ意味として使われている[22][23]

仏教編集

仏教用語
涅槃
パーリ語 निब्बान
(Nibbāna)
サンスクリット語 निर्वाण
(IAST: Nirvāṇa)
チベット語 མྱ་ངན་ལས་འདས་པ།
(mya ngan las 'das pa)
ベンガル語 নির্বাণ
ビルマ語 နိဗ္ဗာန်
(IPA: [neɪʔbàɴ])
中国語 涅槃
(拼音nièpán)
日本語 涅槃
(ローマ字: nehan)
韓国語 열반
(RR: yeolban)
英語 liberation, salvation
クメール語 និព្វាន
(UNGEGN: nipean)
モン語 နဳဗာန်
([nìppàn])
モンゴル語 Нирваан дүр
シャン語 ၼိၵ်ႈပၢၼ်ႇ
([nik3paan2])
シンハラ語 නිර්වාණ
(Nivana)
タイ語 นิพพาน
ベトナム語 Niết bàn
テンプレートを表示
 
涅槃図(19世紀の仏教画)

涅槃の解釈は大乗仏教部派仏教で異なり[8]、大乗と部派の各々の内部にも、後述のように異なる説がある。

部派仏教編集

部派仏教では、涅槃とは煩悩を滅し尽くした状態であるとしている[8]。部派仏教でいう涅槃には有余涅槃(有余依涅槃)と無余涅槃(無余依涅槃)の2つがある[8][注釈 4]。有余涅槃は、煩悩は断たれたが肉体が残存する場合を指す[8]。無余涅槃は、全てが滅無に帰した状態を指す[8]。無余涅槃は灰身滅智(けしんめっち)の状態である[8][注釈 5]

説一切有部などでは、涅槃は存在のあり方であるとして実体的に考えられたが、経量部などでは、涅槃は煩悩の滅した状態を仮に名づけたものであって実体のあるものではないとされた[8]

また、説一切有部では涅槃は択滅(ちゃくめつ、: pratisaṃkhyānirodhaプラティサンキヤーニローダ)ともいい、五位七十五法無為法の一つに数えられる[24][25]。択滅は、正しい知恵による煩悩の止滅[26]を意味し、苦集滅道四諦のうち「」のことをさす[27]。なお、「択」とはに対して正しい弁別判断をなす洞察力のこと[28]

説一切有部では、1つ1つの煩悩が断たれて、有情の相続がその煩悩の拘束から離繫する(離れる)ごとに、「択滅」という無為(ダルマ)が1つ1つ、その有情の相続に結びつけられ、涅槃となると考える[25]。こうしてすべての煩悩が断ち尽くされたのを般涅槃(はつねはん)、すなわち完全な涅槃という[25]

大乗仏教編集

大乗仏教では、・楽・・浄の四徳を具えない部派仏教の涅槃を有為涅槃とするのに対して、この四徳を具える涅槃を無為涅槃とし、無為涅槃を最上のものとする[8]。大乗仏教では、涅槃を積極的なものと考える[8]

唯識宗では、本来自性清浄涅槃・有余依涅槃・無余依涅槃・無住処涅槃の四種涅槃を分ける[8]地論宗摂論宗では、性浄涅槃・方便浄涅槃の二涅槃を分ける[8]天台宗では、性浄涅槃・円浄涅槃・方便浄涅槃の三涅槃を分ける[8]

釈迦牟尼仏の肉体の死としての涅槃編集

涅槃、般涅槃、大般涅槃の語は、この世に人として現れた仏(特に釈迦牟尼仏)の肉体の死を指すこともある[8]。『総合仏教大辞典』は、これは無余依涅槃を意味しているようだとしている[8]

彼岸編集

彼岸(ひがん, pāra)とは、川の向こう側の意味。涅槃は、川の流れ(暴流)に打ち勝って向こう側に渡ることに喩えられた[29]

Te rāgadose abhibhuyya bhikkhavo Bhavātha jātimaraṇassa pāragāti.
比丘たちよ、それら貪と瞋に打ち勝って 生(jati)と死(maraṇassa)の彼岸に至る者となれ。

抜粋編集

ダンマパダ編集

Jighacchāparamā rogā saṅkhāraparamā dukhā
Etaṃ ñatvā yathābhūtaṃ nibbāṇaparamaṃ sukhaṃ

飢えることは、最悪の病である。サンカーラは、最悪の苦しみである。
このことをあるがまま知る者にとって、涅槃は最高の幸福である。

南伝のパーリ語教典を訳した中村元は、ダンマパダ、第十章暴力、百三十四節の訳注[要追加記述]において、

安らぎ - Nibbāna(= Nirvāṇa 涅槃)声を荒らげないだけで、ニルヴァーナに達しえるのであるから、ここでいうニルヴァーナは後代の教義学者たちの言うようなうるさいものではなくて、心の安らぎ、心の平和によって得られる楽しい境地というほどの意味であろう。

としている[疑問点]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 涅槃が仏教の究極的な実践目的であるところから、法印の一つに涅槃寂静がある[8]
  2. ^ 「般」は: pari音写であり、完全という意味[8]
  3. ^ 各言語では次のように表記される。プラークリット: णिव्वाणṇivvāṇaタイ語: นิพพานNípphaanベトナム語: niết bàn[要出典]
  4. ^ 有余涅槃・無余涅槃は、パーリ語の sa-upādisesa-nibbāna, anupādisesa-nibbāna で、このうち、「余」にあたるウパーディセーサ(upādisesa)は、「生命として燃えるべき薪」「存在としてよりかかるべきもの」を意味する[要出典]
  5. ^ 灰身滅智(けしんめっち)とは、身は焼かれて灰となり、智の滅した状態をいう[要出典]

出典編集

  1. ^ Chad Meister (2009). Introducing Philosophy of Religion. Routledge. p. 25. ISBN 978-1-134-14179-1. https://books.google.fi/books?id=pOCT3qFirJMC&lpg=PP1&hl=fi&pg=PA25#v=onepage&q&f=false. "Buddhism: the soteriological goal is nirvana, liberation from the wheel of samsara and extinction of all desires, cravings and suffering." 
  2. ^ Donald S. lopez Jr., Nirvana, Encyclopædia Britannica
  3. ^ Kristin Johnston Largen. What Christians Can Learn from Buddhism: Rethinking Salvation. Fortress Press. pp. 107–108. ISBN 978-1-4514-1267-3. https://books.google.com/books?id=dNoXJVD_XEkC. "One important caveat must be noted: for many lay Buddhists all over the world, rebirth in a higher realm - rather than realizing nirvana - has been the primary religious goal. [...] while many Buddhists strongly emphasize the soteriological value of the Buddha's teaching on nirvana [escape from samsara], many other Buddhists focus their practice on more tangible goals, in particular on the propitious rebirth in one's next life." 
  4. ^ IN THE PRESENCE OF NIBBANA:Developing Faith in the Buddhist Path to Enlightenment”. What-Buddha-Taught.net. 2014年10月22日閲覧。
  5. ^ The Soka Gakkai Dictionary of Buddhism, vimoksha”. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  6. ^ Gavin Flood, Nirvana. In: John Bowker (ed.), Oxford Dictionary of World Religions
  7. ^ Anindita N. Balslev (2014). On World Religions: Diversity, Not Dissension. SAGE Publications. pp. 28–29. ISBN 978-93-5150-405-4. https://books.google.com/books?id=H1clDAAAQBAJ&pg=PT29 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 総合仏教大辞典 1988, p. 1132-1133.
  9. ^ a b 涅槃(ねはん)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月16日閲覧。
  10. ^ a b 岩波仏教辞典 & p647.
  11. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 『テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え』(kindle)Evolving、2018年。ISBN 978-4804613574 
  12. ^ a b Fowler 2012, p. 48.
  13. ^ Olivelle 1992, pp. 5–9, 227–235, Quote: "Nirvana Upanishad...".
  14. ^ Fowler 2012, pp. 48–49.
  15. ^ Atman (in Oxford Dictionaries)”. Oxford University Press (2012年). 2014年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月閲覧。 “Quote: 1. real self of the individual; 2. a person's soul”
  16. ^ Constance Jones; James D. Ryan (2006). Encyclopedia of Hinduism. Infobase. p. 51. ISBN 978-0-8160-7564-5. https://books.google.com/books?id=OgMmceadQ3gC ; Quote: The atman is the self or soul.
  17. ^ David Lorenzen (2004). Mittal, Sushil; Thursby, Gene. eds. The Hindu World. Routledge. pp. 208–209. ISBN 9781134608751. "Advaita and nirguni movements, on the other hand, stress an interior mysticism in which the devotee seeks to discover the identity of individual soul (atman) with the universal ground of being (brahman) or to find god within himself." 
  18. ^ [a] Anatta, Encyclopædia Britannica (2013), Quote: "Anatta in Buddhism, the doctrine that there is in humans no permanent, underlying soul. The concept of anatta, or anatman, is a departure from the Hindu belief in atman ("the self").";
    [b] Steven Collins (1994), Religion and Practical Reason (Editors: Frank Reynolds, David Tracy), State Univ of New York Press, ISBN 978-0791422175, page 64; "Central to Buddhist soteriology is the doctrine of not-self (Pali: anattā, Sanskrit: anātman, the opposed doctrine of ātman is central to Brahmanical thought). Put very briefly, this is the [Buddhist] doctrine that human beings have no soul, no self, no unchanging essence.";
    [c] John C. Plott et al (2000), Global History of Philosophy: The Axial Age, Volume 1, Motilal Banarsidass, ISBN 978-8120801585, page 63, Quote: "The Buddhist schools reject any Ātman concept. As we have already observed, this is the basic and ineradicable distinction between Hinduism and Buddhism";
    [d] Katie Javanaud (2013), Is The Buddhist 'No-Self' Doctrine Compatible With Pursuing Nirvana?, Philosophy Now;
    [e] David Loy (1982), Enlightenment in Buddhism and Advaita Vedanta: Are Nirvana and Moksha the Same?, International Philosophical Quarterly, Volume 23, Issue 1, pages 65-74
  19. ^ [a] Christmas Humphreys (2012). Exploring Buddhism. Routledge. pp. 42–43. ISBN 978-1-136-22877-3. https://books.google.com/books?id=V3rYtmCZEIEC 
    [b] Richard Gombrich (2006). Theravada Buddhism. Routledge. p. 47. ISBN 978-1-134-90352-8. https://books.google.com/books?id=jZyJAgAAQBAJ. "Buddha's teaching that beings have no soul, no abiding essence. This 'no-soul doctrine' (anatta-vada) he expounded in his second sermon." ,
  20. ^ मुच Monier-Williams Sanskrit English Dictionary, Germany (2008)
  21. ^ Heinrich Robert Zimmer (1951). Philosophies of India. Princeton University Press. p. 41. ISBN 0-691-01758-1. https://books.google.com/books?id=bRQ5fpTmwoAC&pg=PA41. "Moksa, from the root muc, "to loose, set free, let go, release, liberate, deliver" [...] means "liberation, escape, freedom, release, rescue, deliverance, final emancipation of the soul." 
  22. ^ Jaini, Padmanabh (2000). Collected Papers on Jaina Studies. Delhi: Motilal Banarsidass Publ.. ISBN 81-208-1691-9 : "Moksa and Nirvana are synonymous in Jainism". p. 168
  23. ^ Michael Carrithers, Caroline Humphrey (1991) The Assembly of listeners: Jains in society Cambridge University Press. ISBN 0521365058: "Nirvana: A synonym for liberation, release, moksa." p. 297
  24. ^ 中村 2002, p. 96.
  25. ^ a b c 櫻部・上山 2006, p. 142.
  26. ^ 櫻部・上山 2006, p. P109.
  27. ^ 櫻部 1981, p. P61.
  28. ^ 櫻部・上山 2006, p. P142.
  29. ^ Thero Ven Randombe Suneetha (2018). “On the Metaphor of the Raft in the Mahāparinibbānasutta”. The Annals of the Research Project Center for the Comparative Study of Logic 15: 173-181. NAID 120006517938. 
  30. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』佼成出版社、2003年、Kindle版, 4.6。ISBN 978-4333020447 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集