メインメニューを開く

賀茂 岑雄(かも の みねお)は、平安時代前期の貴族。名は峯雄とも記される。出羽介・賀茂江人の子。官位従五位下越前介

 
賀茂岑雄
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
別名 峯雄
官位 従五位下越前介
主君 文徳天皇清和天皇
氏族 賀茂氏
父母 父:賀茂江人
兄弟 弟岑岑雄
貞子
テンプレートを表示

目次

経歴編集

斉衡4年(857年大外記に任ぜられ、文徳朝末から清和朝初頭に掛けてこれを務める。

貞観4年(862年)従五位下に叙爵し、翌貞観5年(863年相模権介に任ぜられると、貞観6年(864年上野権介、貞観8年(866年)越前介、のち越中守と、一転して地方官を歴任した。この間の貞観12年(870年)長雨により河内国で水害が発生したことから、築河内国堤使が任命された際、岑雄はその次官を務めている。

官歴編集

注記のないものは『日本三代実録』による。

系譜編集

  • 父:賀茂江人[2]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女

脚注編集

  1. ^ 『外記補任』
  2. ^ 宝賀[1986: 1374]
  3. ^ 『日本三代実録』貞観15年4月21日条

参考文献編集