賢宜帝姫(けんぎていき、1082年2月9日 - 1085年11月6日)は、北宋神宗の八女。哲宗の同母妹で、母は昭容朱氏(後の徳妃、皇太妃、欽成太后)。

賢宜帝姫
続柄 神宗第八皇女

称号 沂国長公主(追贈:賢宜長帝姫)
身位 長公主
出生 元豊5年1月3日(1082年2月9日)
死去 元豊8年10月10日(1085年11月6日)
(享年4)
埋葬 永厚陵
父親 神宗
母親 昭容朱氏
テンプレートを表示

経歴編集

元豊5年正月3日に生まれた。同8年(1085年)3月、父帝の崩御を知り、深く哀悼したという。同4月、兄の哲宗により沂国長公主に封ぜられた。同10月10日、病没した。祖母の宣仁太后は朝廷を3日間停止した。その後、鄧国長公主の位を追贈された。元祐9年(1094年)、崩じた宣仁太后の柩に従って、祖父英宗の永厚陵に従葬された。

元符3年(1100年)3月、弟の徽宗により邠国長公主の位を再追贈された。政和4年(1114年)12月、賢宜長帝姫の位を再追贈された。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』
  • 『故鄧国長公主追封記』