メインメニューを開く

赤屋敷信一

赤屋敷 信一(あかやしき しんいち、1926年1月29日 - )は、日本政治家。元岩手県二戸郡一戸町議会議員(1期)。自然体験塾どんぐり村村長。国会[注釈 1]地方議会ともに日本最後の大正生まれの現職議員であった。

赤屋敷 信一
あかやしき しんいち
生年月日 (1926-01-29) 1926年1月29日(92歳)
出生地 岩手県二戸郡一戸町
現職 自然体験塾どんぐり村村長
一戸町議会議員
所属政党 無所属
称号 瑞宝単光章

選挙区 岩手県二戸郡一戸町
当選回数 1回
在任期間 2014年1月31日 - 2017年7月25日
テンプレートを表示

目次

経歴編集

  • 1926年1月29日 - 出生[1]
  • 1945年2月 - 第二次世界大戦の際、現地志願兵として19歳で満州へ出征。銃撃を受けて重傷を負うも辛くも生還し、47年10月に一戸へ戻る[2]
  • 1986年 - 自然体験塾「どんぐり村」を開く。
  • 2008年 - 1940年より国勢調査員として約60年間貢献した功績により、秋の叙勲により瑞宝単光章を受章する[3]
  • 2013年11月10日 - 一戸町議会議員選挙に出馬。次点で落選[4]
  • 2014年1月31日 - 現職議員死去に伴い、繰り上げ当選[5]
  • 2017年2月 - 神奈川県寒川町の藤沢喜代治の引退に伴い、最後の大正生まれの地方議会議員となる[6]
  • 2017年7月25日 - 足が不自由になり議員活動がままならなくなったため、「一身上の都合」を理由に町議を辞職する[6]。2017年8月時点で県内の現役市町村議で最高齢だった[6]。日本から大正生まれの議員が居なくなる。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 大正生まれの最後の国会議員は中山太郎(1924年8月27日生まれ。2009年7月21日退任)である。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 赤屋敷信一(あかやしきしんいち)‐ 選挙ドットコム
  2. ^ ◉特集 あの時代を忘れない (PDF) 」 - 『広報いちのへ Ichinohe』vol.549、一戸町、2008年5月、6頁 2017年11月24日閲覧
  3. ^ 平成20 年秋の叙勲に赤屋敷信一さん (PDF) 」 - 『広報いちのへ Ichinohe』vol.558、一戸町、2009年1月、19頁 2017年11月24日閲覧
  4. ^ 一戸町長・町議選結果 (PDF) 」 - 『広報いちのへ Ichinohe』vol.617、一戸町、2013年12月、3頁 2017年11月24日閲覧
  5. ^ 新町議会議員に赤屋敷信一氏 (PDF) 」 - 『広報いちのへ Ichinohe -お知らせ版-』vol.83、一戸町、2014年2月28日、1頁 2017年11月24日閲覧
  6. ^ a b c 91歳赤屋敷氏が一戸町議を辞職 県内最高齢議員 - 岩手日報 2017年11月24日閲覧