赤怒田福寿草公園

福寿草数十万株が花開く斜面。最盛期には鮮やかな黄色が斜面を埋める。
赤怒田福寿草公園は、河岸段丘を中心に造られている。急な崖を支えるためには、しっかりと根を張る樹木が必要ではないのかと危惧された
公園内に生える福寿草(画像は愛媛県で撮影)

赤怒田福寿草公園(あかぬたふくじゅそうこうえん)とは、長野県松本市赤怒田錦部(にしきべ)にある公園

内容編集

  • 毎年2月下旬~4月上旬にかけて50万株もののフクジュソウが花を咲かせる。
  • 毎年3月上旬~3月下旬にかけて「松本・四賀の里 福寿草まつり」が開催される。
  • 2012年の「福寿草まつり」は3月10日から3月24日までである。3月10日にはオープニングイベントとして、小学生の吹奏楽演奏などがある。期間中は、福寿草鉢植の販売、飲食店の出店がある。4月27日締切りでフォトコンテストも行われる[1]

河岸段丘編集

福寿草公園があるのは、保福寺川の左岸河岸段丘。急な崖の土を支えるための根をしっかりと張る樹木が少ない。

交通編集

  • アルピコ交通バス 四賀線:保福寺下町行きで福寿草公園前下車(化石館行きの場合は、福寿草祭りのみ延長)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年福寿草まつり用パンフレットによる

関連項目編集

外部リンク編集