メインメニューを開く

赤旗法(あかはたほう、英:Red Flag Act)とは、19世紀後半に英国で施行された法律。正式にはLocomotive Act

英国公道における自動車(当時は大多数が蒸気自動車で、ガソリン車はまだ実用化されていなかった)の運用方法について定めた法律であり、歩行者や馬車の安全に配慮したものではあったが、同国における自動車産業の発達を妨げ、ドイツフランスに遅れをとることになる[1]。1896年に廃止された。

条例編集

  • The Locomotives on Highways Act 1861
    • 車両の重量は12トンに制限する。
    • 10 mph(16 km/h)、市街地では5 mph (8 km/h)の速度制限を課す。
  • The Locomotive Act 1865(赤旗法
    • 郊外では4 mph(6 km/h)、市街地では2 mph(3 km/h)の速度制限を定める。
    • 自動車は、運転手、機関員、赤い旗を持って車両の60ヤード(55メートル)前方を歩く者の3名で運用することを規定する。赤い旗かランタンを持った人は、歩く速度を守り、騎手や馬に自動車の接近を予告する。
  • Highways and Locomotives Act 1878(改正法)
    • 赤旗の必要性は除去。
    • 未だに必要とされた前方歩行要員の距離が20ヤード(18メートル)に短縮。
    • 馬に遭遇したら車両は停止しなければならない。
    • 車両が馬を驚かす煙や蒸気を出すことを禁ずる。
  • 1896年に廃止。

類似の法律編集

20世紀初頭まで、アメリカのいくつかの州に「自動車を運転するときには、必ず誰か一人が赤い旗を持って自動車の十数ヤード先を歩かなければならない」という法律があった(宇沢弘文「自動車の社会的費用」岩波新書、P68)。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ [1]<危機の韓国自動車産業(上)>英議員「規制をなくせばトヨタ・日産工場が集まってきた」中央日報日本語版,2018年03月22日