メインメニューを開く

赤松 政宗(あかまつ まさむね)は、安土桃山時代武将

 
赤松政宗
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
主君 毛利輝元池田輝政
氏族 赤松氏
父母 父:赤松政範
頼兼頼尚、女子

赤松政範の子とされる。天正5年(1578年)、織田氏家臣羽柴秀吉が上月城に攻め寄せ、父・政範を初めとする一族が落命するなか、政宗は家臣により助けられ、毛利輝元を頼ったという。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにも従軍した。浦上氏とも交流があったという。それ以後、池田輝政の下へ走ったといわれている。

脚注編集