メインメニューを開く

赤楽早船(あからくはやふね)は、戦国時代茶器茶碗)。

概要編集

赤楽茶碗の一種。千利休に才能を見込まれた陶芸家長次郎の作[1]利休七種茶碗の一つ。

利休が茶会を催す際、わざわざ早船で運ばせてまで取り寄せたことから、この名前がついた。細川幽斎古田重然らが所望したが、利休の死後、結局は蒲生氏郷の手に渡った。

その後、蒲生氏郷から京都の大文字屋宗夕、矢倉九右衛門、金沢の亀田是庵、大阪の藤田家へと伝わった。

どの時点で破損したのかは不明だが、現存している早船には割れを修復した跡がはっきりと残っている。

関連項目編集

脚注編集