趙之チン

趙之琛から転送)
本来の表記は「趙之琛」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
趙之琛

趙 之琛(ちょう しちん、男性、1781年 - 1852年)は、中国清朝中期の篆刻家書家画家である。西泠後四家に加えられる。

を次閑・献父。は献甫・宝月山人、室号は補羅迦室。浙江 銭塘の人。

略伝編集

陳豫鐘の高弟で金石学に通じる。はすべての書体に優れ、山水画花卉画を得意とした。篆刻は陳豫鐘に受け、また陳鴻寿から刀法を学んだ。を刻する方法によって有名となる。伝存作品が多く、戴熙釈達受張廷濟沈寿などの名士の印を刻した。

2007年に180年余りの時間を経て日本国内で歴史的大発見された、阿片戦争時の欽差大臣で中国代の英雄的政治家、林則徐の印(1833年 趙之琛 刻:印譜所載)を、横浜市在住の写真家、柴田小兔の手により撮影され柴田のサイトに掲載されている。

著書編集

  • 『補羅迦室集』
  • 『補羅迦室印譜』(蓱奇室印存)

出典編集

  • 沙孟海 『篆刻の歴史と発展』中野遵・北川博邦共訳 東京堂出版、昭和63年、ISBN 4490201443
  • 銭君匋・葉潞淵『篆刻の歴史と鑑賞』高畑常信訳 秋山書店<秋山叢書>、昭和57年。
  • 趙之琛 『中国篆刻業刊 第17巻 清2』二玄社