趙 似(ちょう じ、1084年 - 1106年)は、北宋神宗の十三男。哲宗の同母弟で、母は賢妃朱氏(後の欽成太后)。

経歴編集

元豊6年12月(西暦で1084年)に生まれ、元豊7年12月(西暦で1085年)に和国公に封ぜられた。元豊8年(1085年)4月、兄の哲宗により普寧郡王に封ぜられた。紹聖5年(1098年)3月、簡王に進封された。

元符3年(1100年)に哲宗が崩じた際、嗣子がなかったので、章惇は哲宗の同母弟の趙似を推薦したが、皇太后向氏が「神宗の息子はみな同格、そんな必要があるのか」と言って反対した[1]。同年3月、帝位を継いだ兄の徽宗により蔡王に再進封された。

同年9月、徽宗から権力を奪おうとしていると疑惑を持たれ、徽宗に向かって謝罪し、赦免された。崇寧5年(1106年)3月、失意のうちに薨去した。大観元年(1107年)1月、楚王の位を追贈され、「栄憲」とされた。

家族編集

靖康の変の後、以下に記されている人物はいずれもに連行された。

  • 息子:趙有恭。永寧郡王に封ぜられた。『三朝北盟会編』(1162年完成)によると、同書の頃まで金で健在であったという。
  • 息子の正室:林氏
  • 息子の側室:陳氏、羅氏
  • 3人の孫娘(趙有恭の息女)

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』
  • 『曾公遺録』

脚注編集

  1. ^ 哲宗の崩御後、皇太后向氏が述べたところによると、哲宗の看病の際、皇太妃朱氏は「(先帝の男子のうち)似だけが、母(朱氏)が腹を痛めた子です。大急ぎで似を帝位に即かせなさいませ」と哲宗に求めた。哲宗を臨終まで看護した者はその後、向氏がみな降格させて宮中から追い出しており、この一件には証人がいなかった。