趙 俊(ちょう しゅん、1073年5月16日(熙寧6年4月1日) - 1077年11月16日)は、北宋神宗の三男。

経歴編集

才人宋氏(後に貴妃)の次男として生まれた。皇長子(成王趙佾)の同母弟、賢孝帝姫の同母兄である。

他の4人の男子はみな早世していたため、父帝は特に趙俊を愛した。熙寧7年(1074年)正月、永国公に封ぜられた。幼頃から責任感が強く、官爵を自称し、気持ちを表に出さない性格をしていたという。

熙寧10年10月22日(1077年11月16日)夜間、薨去した。父帝は朝廷を5日間停止し、2人の医官を降格して追い出した。趙俊は兗王の位を追贈され、「哀献」とされて、普安院に葬られた。2年後、祖父英宗の永厚陵に従葬された。元符3年(1100年)3月、弟の徽宗により唐王の位を再追贈された。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』
  • 『故兗哀献王追封記』