この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213にある文字、CJK統合漢字)が含まれています詳細
本来の表記は「趙子偁」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

趙 子偁(ちょう ししょう、? - 1143年)は、崇王趙伯圭南宋孝宗の父である。慶国公趙令譮の子として生まれ、宋の太祖の7世孫にあたる。

生涯編集

次子の趙伯琮(趙眘)が族父の高宗の後を継いで孝宗として即位したため秀王に封じられ、死後安僖の諡号を得ながらも、王に終始した。

五歳にして族父の高宗に養われて(名目上はあくまで)太宗系の正統をついだ孝宗が、養父の死後も「皇伯秀王」の称号を改めなかったことは、後世の範とされた(『清史稿光緒皇帝の関連記事)。秀王の地位は長子の趙伯圭に継承され、趙伯圭の系統は宋の皇室の一員ながらに世祖の知遇を得た文人趙孟頫を直系の子孫に持つ。

系譜編集

宋太祖 - 秦王趙徳芳 - 英国公趙惟憲 - 新興侯趙従郁 - 華陰侯趙世将 - 慶国公趙令譮 - 秀安僖王趙子偁