趙 栩(ちょう く、1106年 - ?)は、北宋徽宗の第7皇子(夭逝を除くと第5皇子)。

経歴編集

美人喬氏(後に貴妃を授された)の次男として生まれた。同母兄に趙杞、同母弟に趙材趙朴趙樾がいる。

崇寧5年(1106年)2月に生まれ、大観元年(1107年)に魯国公の位を授けられた。大観2年(1108年)正月、安康郡王の位を改授された。宣和2年(1120年)に済王を再授された。

靖康の変の際、欽宗の使節として3度の軍営へ行き、講和を求めた。講和が沙汰やみとなった後、金に連行された。『三朝北盟会編』(1162年完成)によると、同書の頃まで趙栩は金で健在であった。

家族編集

  • 正室:曹氏[1]
  • 側室:王氏、符鶯奴[2]、馬氏

いずれも金に連行された。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『靖康稗史箋證』
  • 『宋会要輯稿』
  • 『三朝北盟会編』

脚注編集

  1. ^ 靖康の変の際に逃亡したが、開封府の徐秉哲に捕らえられた。
  2. ^ 靖康の変後、完顔宗磐の側室となった。