メインメニューを開く

趙 樸初(ちょう ぼくしょ、1907年11月5日 - 2000年5月21日)は、中国の政治家、書道家、仏学家、作家、社会活動家[1][2]

趙樸初
趙朴初
生年月日 (1907-11-05) 1907年11月5日
出生地 清の旗 安徽省安慶市太湖県
没年月日 (2000-05-21) 2000年5月21日(92歳没)
死没地 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 北京市
出身校 蘇州大学
所属政党 中国民主促進会
配偶者 汪棣華,陳邦織

中華人民共和国の旗 第六、七、八、九回中国人民政治協商会議副主席
在任期間 1983年 - 2000年

内閣 李鵬内閣
在任期間 1980年 - 2002年
テンプレートを表示
趙樸初
各種表記
繁体字 趙樸初
簡体字 赵朴初
拼音 Zhào Pǔchū
英語名 Zhao Puchu
テンプレートを表示

略年譜編集

1907年11月5日、安徽省安慶市の書香門第の家庭に生まれる。父の趙恩彤はかつて県吏と塾師として勤めていた。母の陳慧は、敬虔な仏教徒であった。

1911年、両親に連れられ太湖県に引っ越す。蘇州市東呉大学(現在の蘇州大学)卒業。

1928年より後、上海江浙仏教連合会秘書、上海仏教協会秘書、仏教浄業社社長、四明銀行行長を歴任する。1938年より後、上海文化界救亡協会理事、中国仏教協会秘書兼主任秘書、上海慈聯救済戦区難民委員会常委兼収容股主任、上海浄業流浪児童教養院副院長、上海少年村村長を歴任する。

1945年に、馬叙倫王紹鏊周建人許広平林漢達徐伯昕雷潔瓊鄭振鐸柯霊などにより、中国民主促進会結党準備が始められた。1946年より後、上海安通運輸公司、上海華通運輸公司常務董事、総経理。1949年、上海臨時聯合救済委員会総幹事、中国人民保衛世界和平委員会常委、副主席、亜非団結委員会常委。

1950年より後、中国人民救済総会上海市分会副主席兼秘書長、華東民政部、人事部副部長、上海市人民政府政法委員会副主任を歴任する。1953年より後、中国仏教協会副会長兼秘書長、中国作家協会理事、中日友好協会副会長、中緬友好協会副会長、中国紅十字会副会長兼名誉副会長、中国人民争取和平と裁軍協会副会長を歴任する。1980年より後、中国仏教協会会長、中国仏学院院長、中国蔵語系高級仏学院顧問、中国宗教和平委員会主席、中国書法家協会副主席、中国民主促進会中央常委、民進中央參議委員会主任、副主席、名誉主席、全国政協副主席を歴任する。

1993年、西泠印社第五期社長に就任。

2000年5月21日、93歳で北京市にて死去。

著書編集

  • (中国語) 仏教常識答問. 外語教学と研究出版社. (2012年11月1日). pp. 272. ISBN 9787513524926. 
  • (中国語) 趙樸初文集. 華文出版社. (2007-10-01). pp. 1450. ISBN 9787507521771. 
  • (中国語) 中国仏教. 中国大百科全書出版社. (2013-01-01). pp. 94. ISBN 9787500090625. 

編集

  • 「仏教伝道功労賞」(1981年、日本仏教会贈)[3]
  • 「日本仏教大学名誉博士」(1981年、日本仏教会授与)[3]
  • 「庭野平和賞」(1985年)。[3]

脚注編集