趙 累(ちょう るい、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の武将。

趙累
蜀漢
都督
出生 生年不詳
拼音 Zhào Lèi
主君 劉備
テンプレートを表示

事跡編集

劉備配下。荊州を守る関羽に付いた都督建安24年(219年)、関羽は孫権軍の呂蒙陸遜に荊州の各地を攻め落とされ、麦城に追い込まれた。関羽は、城壁に旗や人形を立てて敵軍を欺きつつ脱出したものの、兵が四散。関羽についてきたのは、子の関平と趙累のほか僅か10数騎だった。結局、臨沮県章郷(南郡)で孫権軍の潘璋朱然に退路を断たれ、そこで潘璋の部下馬忠に、関羽父子と共に捕らえられた。関羽父子がその場で斬首されたものの、趙累はどのように処遇されたか不明である。

三国志演義の趙累編集

小説『三国志演義』では、関羽配下の軍前都督・糧秣官として登場する。王甫は、趙累を忠義無類の廉直の士と評価し、潘濬に替えて荊州を守らせるよう関羽に進言する。しかし関羽は、趙累の糧秣官としての任務の方が重要として、その言を採り上げないことになっている。その後、荊州を喪失して苦境に陥った関羽に、趙累は呂蒙を不義として詰問するよう進言する。関羽もそれに従うが、効果は上がらず、次いで麦城に退いた後、趙累は劉封孟達に援軍を求めるよう関羽に進言している。最後は、関羽父子とともに麦城からの脱出に従ったが、孫権軍の待ち伏せに遭い戦死してしまう。彼の戦死を聞いた関羽は彼のために泣いた、という設定になっている。

参考文献編集