メインメニューを開く
姓名 糜芳
時代 後漢時代 - 三国時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 子方(字)
本貫・出身地等 徐州東海郡
職官 彭城国相〔曹操〕→南郡太守〔劉備〕→将軍〔孫権〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 陶謙劉備孫権
家族・一族 兄・糜竺 姉妹・糜夫人

糜 芳(び ほう、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代の将軍、政治家。子方。本来の(靡)と読まれるという。徐州東海郡県(江蘇省連雲港市)の人。兄は糜竺。妹は糜夫人劉備の夫人)。劉備に仕えた後、に仕えた。

生涯編集

はじめは兄と共に陶謙に仕え、次いで劉備に仕えた。劉備が曹操に帰属した際に、彭城国の相に任命された事もあったが、劉備が曹操から離反するとそれに従った[1]

劉備が益州に入った後、関羽荊州総督となった。糜芳は南郡太守に任じられ、公安を守る士仁と共に荊州の防衛を任された。しかし関羽が彼らを軽んじていた事もあり、かねてから折り合いが悪かった。219年、関羽が北上して樊城攻略を開始すると、糜芳と士仁は物資補給などを行なうだけで、全力で支援しようとしなかった。また、南郡城内で失火事件が起こり、軍器を頗る焼失した事があった。これらの不始末を聞いた関羽は「帰ったら処罰してやる」と、糜芳を激しく咎めた。これ以降、糜芳は関羽を恐れるようになり、内心不安になったといわれる。このことを聞いた孫権が糜芳に誘いをかけると、糜芳は孫権と内通するようになった。先に降伏した士仁が呂蒙と一緒にいるのを見ると、酒と肉を用意し、城門を開いて降伏した[2]。降伏、内通の経緯ついては諸説あり(上記は『三国志』「蜀書」関羽伝)、『三国志』関羽伝、呂蒙伝、虞翻伝はそれぞれ内通、降伏に関する記述が若干異なる[3][4][5]

これ以後、糜芳は孫権の将軍となり、呉に仕える事になった。「呉書」賀斉伝によると、孫権の命で賀斉配下の武将となり、呉からに寝返って反乱を起こした晋宗を討伐したという記述がある[6]

また、「呉書」虞翻伝によると、糜芳は呉に仕えるようになってから、虞翻と船で擦れ違った事があった。糜芳の部下が「将軍の船のお通りだ」と言うと、虞翻は「(旧主の劉備に対して)忠信(節義)を守れなかった者が、何によって主君に仕えるというのか。二城(南郡・公安)を任されながらそれを失った者が、将軍を名乗ってよいと思っておるのか」と罵倒した。糜芳は姿を見せず返答もしなかったが、急いで虞翻の船を避けさせた。

また、ある時に虞翻が糜芳の軍営の前を通りかかると、役人が軍営の門を閉ざしていたため、通れないという事があった。虞翻はまた腹を立てて「(城門を)閉めるべき時に開けて降伏をしたりしながら、開けておくべき時に門を閉ざしたりしている。物事の正しいやり方をわかっておるのか」と再び罵倒した。糜芳はこれに恥じ入り、門を開けさせた[7][8]

三国志演義編集

小説『三国志演義』でも、兄と共に劉備配下として活躍する一方、長坂の戦いでは劉備の家族を取り戻そうと敵中に入った趙雲の行為を、裏切りと早合点し劉備に讒言している。劉備が呉討伐を開始した時、自分と傅士仁を殺してに戻ろうとする荊州出身の兵士を恐れ、劉備の親戚であるから処刑されないと考え、傅士仁と共に馬忠を殺し、その首を手土産にして蜀軍に戻る。しかし、関羽を裏切った事への劉備の怒りは収まらず、劉備自らの手で傅士仁と共に斬り殺されている。吉川英治の小説『三国志』では、関羽の子関興に引き渡され、父の仇として斬り殺される。

注釈編集

  1. ^ 『三国志』蜀志糜竺伝 竺弟芳為彭城相,皆去官,隨先主周旋。
  2. ^ 『三国志』蜀志関羽伝
  3. ^ 『三国志』呉志呂蒙伝 先遣蒙在前。蒙至尋陽,盡伏其精兵舳艫中,使白衣搖櫓,作商賈人服,晝夜兼行,至羽所置江邊屯候,盡收縛之,是故羽不聞知。遂到南郡,士仁、糜芳皆降。 [一]呉録曰:初,南郡城中失火,頗焚燒軍器。羽以責芳,芳内畏懼,權聞而誘之,芳潛相和。及蒙攻之,乃以牛酒出降。
  4. ^ 『三国志』呉志虞翻伝 呂蒙圖取關羽,稱疾還建業,以翻兼知醫術,請以自隨,亦欲因此令翻得釋也。後蒙舉軍西上,南郡太守糜芳開城出降。
  5. ^ 『三国志』呉志呂蒙伝においては、注を含めると見解は統一していない。『三国志』呉志呂蒙伝では「士仁、糜芳皆降」(士仁・糜芳はいずれも投降した)と記されている。また『三国志』呉志呂蒙伝が引く『呉録』には、南郡の失火で軍器を消失し、関羽から責任を問われたため、糜芳はそれに畏怖した。孫権がこれを聞いて誘うと、糜芳は通じた。呂蒙が攻めると、牛や酒を差し出して降伏した。『三国志』呉志呂蒙伝が引く『呉書』では、糜芳は城を守ったが、呂蒙が士仁の姿を彼に見せると、ついに降服した。と、それぞれ記されている。
  6. ^ 『三国志』呉志賀斉伝 初,晉宗為戲口將,以眾叛如魏,還為蘄春太守,圖襲安樂,取其保質。權以為恥忿,因軍初罷,六月盛夏、出其不意,詔齊督糜芳、鮮于丹等襲蘄春,遂生虜宗。後四年卒,子達及弟景皆有令名,為佳將。
  7. ^ 『三国志』呉志虞翻伝
  8. ^ 『三国志』「呉書」で虞翻は性格に難があったと記されており、これは虞翻伝の記述であるため虞翻の性格上の問題の一つとして記されている可能性がある。このことについては虞翻の項も参照のこと。また、虞翻は呂蒙とともに糜芳を降伏させた張本人である。『三国志』呉志虞翻伝 翻數犯顏諫爭,權不能悅。又性不協俗,多見謗毀,坐徙丹楊涇縣。 『三国志』呉志諸葛瑾伝 虞翻以狂直流徙。

参考資料編集

  • 『三国志』
  • 『三国志演義』