メインメニューを開く

足利 潤童子(あしかが じゅんどうじ、生年未詳 - 延徳3年7月1日1491年8月6日))は、室町時代後期(戦国時代)の人物。足利氏の一門・堀越公方初代の足利政知の三男。母は武者小路隆光の娘で政知側室(正室とも)の円満院。実兄に室町幕府11代将軍・足利義澄がいる。異母兄の茶々丸が素行不良のため父の命令で幽閉され、同母兄の義澄は政知の意向により、将軍後継候補として京都天龍寺に入ったため、潤童子が代わって世子に指名された。一説には、潤童子を政知の後継にしたい円満院の讒言によって茶々丸は元服もさせず、廃嫡・幽囚されたという。

延徳3年(1491年)、父・政知が死去すると、第2代堀越公方として就任することになっていたが、牢番を殺して脱獄した茶々丸によって、母・円満院と共に殺害された。

関連項目編集