足立六兵衛

戦国時代の武将

足立 六兵衛(あだち ろくべえ)は、戦国時代武将美濃斎藤氏の重臣・日比野下野守清実の家臣。諱は不明。

 
足立六兵衛
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄4年(1561年
主君 日比野清実
氏族 足立氏
テンプレートを表示

略歴編集

美濃斎藤氏の重臣である日比野清実の家来で、伝えによれば素手で首を取り「首取り足立」という異名が言われるほどの怪力の猛将である。

永禄4年(1561年)、美濃への進出を目指す織田信長の軍勢と戦い、織田軍の前田利家に討ち取られた(森部の戦い)。

利家はこの戦功により信長に帰参を許された。

脚注編集

登場作品編集