メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

利家とまつ〜加賀百万石物語〜』(としいえとまつ かがひゃくまんごくものがたり)は、NHK2002年1月6日から12月15日にかけて放送された大河ドラマ第41作。

利家とまつ〜加賀百万石物語〜
ジャンル ドラマ
脚本 竹山洋
演出 佐藤峰世 他
出演者 唐沢寿明
松嶋菜々子
反町隆史
香川照之
酒井法子
天海祐希
山口祐一郎
竹野内豊
高嶋政宏
伊藤英明
及川光博
加藤雅也
的場浩司
田畑智子
梅沢富美男
沢村一樹
渡辺裕之
原田龍二
田中美里
中条きよし
五木ひろし
林隆三
古谷一行
名取裕子
三浦友和
赤木春恵
加賀まりこ
池内淳子
八千草薫
草笛光子
萩原健一
松平健
里見浩太朗
丹波哲郎
菅原文太
ナレーター 阿部渉
オープニング 渡辺俊幸
製作総指揮 浅野加寿子
制作 日本放送協会
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2002年1月6日~12月15日
放送時間 日曜20:00-20:45
放送枠 大河ドラマ
放送分 45分
回数 49
テンプレートを表示

目次

作品内容と反響編集

織田信長豊臣秀吉に仕えて加賀藩前田家の祖となった前田利家と、その妻・まつを中心に戦国群像を描いたドラマ。主演の唐沢寿明1989年放送の『春日局』以来の出演、まつ役の松嶋菜々子は大河ドラマ初出演であった。原作・脚本[1] の竹山洋は『秀吉』以来の脚本担当であった。

「戦国最強のホームドラマ」と銘打たれ、利家とまつ、秀吉とねね、佐々成政とはる、という3組の夫婦の交流と競争を軸にドラマが組み立てられる。大河ドラマで初の女性による制作統括を任された浅野加寿子が「二人から始まる加賀百万石ストーリー」をキャッチフレーズに、戦国の女は男性の陰に隠れがちだが実際はもっと強かったに違いないとの仮説で、まつをクローズアップし夫婦の物語にしたと語っている。夫婦の名前をタイトルにするのは、これが初めてであった[2]

民放のトレンディドラマで活躍するような若手俳優を多く起用し、特に入籍直後の反町隆史と松嶋の共演が話題を集めたこと、そして唐沢、松嶋の2大スターのダブル主演ということもあり高視聴率を記録した。脚本は、織田家中を若々しく強烈な意志で戦国を生きる歌舞いた人物たちとして描いていき、最後に残った利家が生き証人として、その生き様を示す形で締め、配役の新鮮さを活かしつつ重厚な印象となった。一方、まつを演じる松嶋を婚姻前という早い段階から無理矢理登場させたり[3]、歴史の名場面にまつが登場するようなやや強引な展開もあった。「わたくしにお任せくださいませ」というまつの台詞は、まつが物事を解決する際に使用する決め台詞であり、流行語にもなっている。

織田信長を演じた反町の演技はおおむね好評だった。唐沢曰く「歴代最高の信長」、竹山も「優しさが加わった今までにない信長像が出来ました」と称賛している。信長がしばしば口にした「で、あるか」の台詞は流行語にもなった。この信長像はそれ以後の信長が登場する時代劇に大きな影響を与え、様々な時代劇作品で「で、あるか」の台詞が信長の台詞として頻繁に使われるようになった。[要出典]

桶狭間の戦いの描写は、今川義元のイメージこそお約束のものであったが[4]、合戦シーンについては新説に基づいて、桶狭間山を駆け上がる設定になっている。ただし、番組中でナレーションで行われた兵力比較が「今川軍7万人」と「織田軍2千人」という大きく誇張された数字になっていた。

前田家の地元の石川県は、1998年に「NHK大河ドラマ『加賀藩前田家』誘致推進委員会」を金沢市と発足し、誘致運動を推進してきた。放映中の2002年には、「加賀百万石博」を開催した[2]。オープニングテーマには金沢市に本拠を置くオーケストラ・アンサンブル金沢が起用された。

平均視聴率は22.1%、最高視聴率は27.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)[5]石川県では平均視聴率は40.5%だった(ビデオリサーチ社の独自調査による)。なお、本作から日曜夕方にNHKデジタル衛星ハイビジョンでの放送が始まり、視聴が分散しているとみられる。

2006年度の大河ドラマ『功名が辻』では、唐沢寿明が同じ前田利家役で1話のみ“再登場”している。

現在完全版のDVDが発売されており、NHKオンデマンドで本編放送回の視聴ができる。

あらすじ編集

織田家家中で「槍の又左衛門」と言われた槍の名手で、尾張荒子の領主前田利昌の四男・前田又左衛門利家(幼名・犬千代)は父の反対を押しきって信長に仕官し、稲生の戦いで手柄を挙げ、早々に信長の親衛隊である赤母衣衆の筆頭になる。しかしその直後、信長の同朋の拾阿弥を斬り、信長から勘当される。2年間の放浪の末、美濃の猛将・足立六兵衛を討ち取り帰参が叶うが、出世競争では秀吉や明智光秀などに遅れをとる。賤ヶ岳の戦いでは柴田勝家に味方した利家だが、秀吉の信頼が厚く、以後秀吉の臣下となり豊臣政権随一の重臣として活躍する。そして秀吉の死後、天下人を目前にした矢先に病で亡くなってしまう。そして時代は徳川へと移っていくのだった。

キャスト編集

前田家編集

織田家編集

織田家一門編集

柴田家編集

  • 柴田勝家 - 松平健
    織田家家臣。後に利家直属の上司となり、利家とまつからは「親父様」と呼ばれ慕われる。
    利家は勝家、秀吉どちらとも親しかったため、信長死後は双方の対立に苦悩することになる。
  • えい - 衣通真由美
    柴田勝家の妻。病弱で若くして亡くなる。
  • 毛受勝介 - 永島浩二
    柴田家家臣。
  • 中村文荷斎 - 長田昭彦
    柴田家家臣。
  • 佐久間盛政 - 鈴木祐二
    織田家家臣。勝家の甥。賤ヶ岳の戦いで捕縛され切腹を命じられた。

佐々家編集

外様家臣編集

他の織田家家臣編集

豊臣家編集

豊臣家一門編集

  • 日吉木下藤吉郎木下秀吉羽柴秀吉豊臣秀吉 - 香川照之
    利家とほぼ同じ時期に信長に仕え始める第一の親友だが、観音寺の戦いで利家が先に敵に突っ込んだことに激怒し、言い合いになっている。利家と異なって功名を重ねて立身出世を果たし、信長の死後に天下を統一する。
    賤ヶ岳の戦いに勝利して事実上の天下人となっても、利家に対しては「五分五分の付き合い」を望み、実際に利家は、公の場では臣下の礼を取りながらも、個人的な付き合いの場では対等な物言いをしていたが[8]、当初はそれに対して不満があるような様子を見せた事もある。
    しかし地位が高まるにつれ徐々に態度が大きくなり、晩年は利休や秀次を死なせるなど残虐な行動が目立つようになる[9]。一方でまつと二人きりになった際に天下人になった故の孤独を漏らした事もあり、まつの「世間の全てが殿下(秀吉)の敵になっても、私と利家は常に殿下の味方です」の言葉に涙ぐむ事もあった。
  • おね→北政所 - 酒井法子
    秀吉の正室。まつ・はると親しい。
  • 茶々→淀殿 - 小口美澪神崎詩織瀬戸朝香
    市の長女。秀吉の側室。おねからはあまり快く思われていない。
  • なか→大政所 - 草笛光子
    秀吉の母。秀吉が出世する前は、野菜売りをしながら生活をしていた。
    朝鮮出兵に対しては断固反対している。
  • たえ - 八千草薫
    おねの母。秀吉を嫌悪し、娘の結婚に最後まで反対する。
  • 松の丸殿 - 三浦理恵子
    秀吉の側室。醍醐の花見の際、北政所の次に杯を飲む順番で淀と喧嘩を始め、まつの仲裁を受ける。(第46回)
  • おふく - 山﨑千惠子
    秀吉の側室。
  • 三の丸殿 - 石浜加奈恵
    秀吉の側室。
  • 拾→豊臣秀頼 - 猪腰真之介
    秀吉と淀の子。
  • 三好秀次→豊臣秀次 - 池内万作
    秀吉の甥。
  • やや - 林真里花
    浅野長政の正室。おねの妹。

諸大老・奉行編集

賤ヶ岳の七本槍編集

他の豊臣家家臣編集

諸大名・武将編集

徳川家編集

  • 松平元康松平家康徳川家康 - 高嶋政宏
    信長・秀吉と同盟を結び、その死後天下取りを狙う。いざ戦になると秀吉すら手に負えない強さを見せ、小牧・長久手の戦いでも常に秀吉軍に対して優位に戦いを進め、秀吉は利家に対して、「(もはやこの国で思い通りにならない事などないと思っていたが)家康だけは思い通りにならん!」と吐き捨て、「御館様(信長)が、家康と戦になる事だけは徹底的に避け続けた理由が実際に戦ってよく分かった」と舌を巻いた。
  • 築山殿 - つちだりか
    家康の正室。
  • 松平信康 - 関根豊和
    家康の嫡男。
  • 本多正信 - 中根徹
    家康家臣
  • 本多忠勝 - 近童弐吉
    家康家臣
  • 石川数正 - 能裕二
    家康家臣

浅井家編集

伊達家編集

  • 伊達政宗 - 遠藤雅
    陸奥国岩出山城城主。蒲生氏郷と領地争いをして利家の仲裁を受ける。
  • 守屋守柏斎 - 山田百貴
    伊達家家臣。

上杉家編集

  • 上杉景勝 - 里見浩太朗
    五大老の一人。寡黙で笑顔を見せず、取次役の利家を悩ませるが、利久の接待を高く評価する。
  • 直江兼続 - 鈴木綜馬
    上杉家家臣。

細川家編集

編集

文化人編集

架空の人物編集

  • うめ - 赤木春恵
    まつの乳母。「この家は、まつが大将じゃ」といってまつを励ます。
  • 権太 - 徳井優
    尾張の呑み屋の主人。
  • あら鹿 - 高山善廣
    力士。信長の前で力自慢の者を次々に倒し、信長に褒められる。
  • さい - 樺木資子
  • とめ - 増永裕子
  • みち - 神崎彩

スタッフ編集

放送編集

放送日程編集

放送回 放送日 サブタイトル 演出
01回 01月06日 婚約 佐藤峰世
02回 01月13日 笄斬り
03回 01月20日 出仕停止
04回 01月27日 桶狭間の奇跡
05回 02月03日 まつの大ぼら 鈴木圭
06回 02月10日 祝言
07回 02月17日 出世合戦開始! 伊勢田雅也
08回 02月27日 猿は天才だぁ!? 鈴木圭
09回 03月03日 明智病 佐藤峰世
第10回 03月10日 妻への小袖
第11回 03月17日 対決! 兄と弟 伊勢田雅也
第12回 03月24日 目指せ! 百万石
第13回 03月31日 まつの城 本木一博
第14回 04月07日 比叡山の赤ん坊
第15回 04月14日 良之、三方ヶ原に死す 佐藤峰世
第16回 04月21日 おねの子、豪姫 伊勢田雅也
第17回 04月28日 利家、大名出世 本木一博
第18回 05月05日 越前府中入城 佐藤峰世
第19回 05月12日 秘密同盟
第20回 05月19日 幸の婿どの 伊勢田雅也
第21回 05月26日 利勝の初陣
第22回 06月02日 女将軍 本木一博
第23回 06月09日 豪姫の母
第24回 06月16日 赤い星 井上剛
第25回 06月23日 光秀の悲劇 佐藤峰世
第26回 07月7日 本能寺の変
第27回 07月14日 夫婦の決心 田村文孝
第28回 07月21日 清洲犬猿合戦
第29回 07月28日 人質 麻阿姫 伊勢田雅也
第30回 08月04日 男泣き! 柴田勝家 本木一博
第31回 08月11日 賤ヶ岳の夫婦
第32回 08月18日 炎上、勝家と市 佐藤峰世
第33回 08月25日 金沢入城 田村文孝
第34回 09月01日 さよならの黒百合 伊勢田雅也
第35回 09月08日 末森城の決戦 本木一博
第36回 09月15日 さらさら越え 梶原登城
第37回 09月22日 真実(まこと)の男とは 佐藤峰世
第38回 09月29日 花衣 田村文孝
第39回 10月06日 成政切腹 伊勢田雅也
第40回 10月13日 鬼の淀どの 本木一博
第41回 10月20日 小田原攻め 佐藤峰世
第42回 10月27日 利休切腹 伊勢田雅也
第43回 11月03日 大政所の遺言 井上剛
第44回 11月10日 猿千代誕生 田村文孝
第45回 11月17日 利家 出仕拒否 佐藤峰世
第46回 11月24日 父子の名乗り 本木一博
第47回 12月01日 秀吉死す 土屋勝裕
第48回 12月08日 家康暗殺 伊勢田雅也
最終回 12月15日 永遠(とわ)の愛 佐藤峰世

総集編編集

12月29日一括放送。

  • 前編「出世合戦」(19:20–20:45)
  • 後編「永遠の愛」(21:00–22:25)

メディア編集

  • 総集編: 全2巻 (VHS)、2枚組 (DVD)
  • 完全版: DVD-BOX全2集、13枚、49話 (DVD)

脚注編集

  1. ^ 本作はドラマのために書き下ろされた作品ではなく、竹山が自作の小説に脚色を加えるという形で作られたため、オリジナル作品とは異なる(放送翌年に原作小説が新潮社より文庫化されている)。
  2. ^ a b 『大河ドラマの50年』鈴木嘉一 中央公論新社2011年
  3. ^ 松嶋が演じるまつの初登場は数え10歳のとき。松嶋は今で言えば8歳から9歳の役を演じていたことになる。
  4. ^ 歴史学者小島道裕は、本作の義元について、信長方の勝因がわかりやすいように「志村けんばりのバカ殿に描かれているが、冗談が過ぎよう」と評している。(同著2006年『信長とは何か』講談社選書メチエ、30頁)
  5. ^ a b ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  6. ^ 撮影期間中に菅原加織が事故死したため、登場回数は少なかった。
  7. ^ 的場がドラマで着用していた甲冑は『独眼竜政宗』の時に当時、伊達成実役で出演していた利久役の三浦友和が着用していた甲冑である。そのため、本作での村井の兜の前立は伊達成実の毛虫(もしくはムカデ)の前立である。
  8. ^ 秀吉が利家の娘に対して目を付けたと知った時は、利家は激怒して秀吉に会うなり殴りつけた事もある。
  9. ^ 香川が着用していた金の甲冑は『秀吉』の時に竹中直人が着用していた甲冑である。大河ドラマ内ではこのような甲冑もしくは衣装の使い回しはよくある。

外部リンク編集

NHK 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
利家とまつ〜加賀百万石物語〜