メインメニューを開く
イガイ属のムール貝が足糸で岩に張り付いている様子
Pinna nobilisと足糸

足糸英語byssus [ˈbɪsəs])は、ハボウキガイ科イガイ科などの二枚貝が岩や海底に固定する際に分泌する繊維である。古来、地中海世界では、ハボウキガイ科の貝、特にPinna nobilisから、シーシルク英語版と呼ばれる繊維を採取した。

紀元前196年の記録とされるロゼッタ・ストーンにもシーシルクの記録が残っている[1]。現在では、Pinna nobilis が保護されているため、シーシルク等の繊維製品を作ることはできない。

関連項目編集

出典編集