輔世王(すけよおう、生年不詳 - 元慶3年6月24日879年7月17日))は、平安時代初期から前期にかけての皇族二品仲野親王の子。官位従四位上伊予守

経歴編集

文徳朝斉衡2年(855年)二世王の蔭位により従四位上に直叙され、侍従に任ぜられる。

清和朝に入ると、天安3年(859年但馬守として地方官に転じる。貞観6年(864年)従四位上・中務大輔に叙任されると、貞観7年(865年民部大輔と京官を歴任するが、貞観10年(868年山城守として再び地方官に遷る。その後、清和朝末にかけて左京大夫を務めた。

陽成朝では伊予守を務めるが、伊予守在任中の元慶3年(879年)6月24日に卒去

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『日本三代実録』元慶3年6月24日条
  2. ^ 『日本三代実録』仁和元年2月28日条
  3. ^ 『尊卑分脈』

参考文献編集