メインメニューを開く

農薬中毒(のうやくちゅうどく、英語: pesticide poisoning)とは、農薬を原因物質とした中毒をいう。一言で「農薬中毒」といっても、中毒発生の原因、農薬等がさまざまであるので、ここでは一般的な説明に留める。

目次

問題となる農薬の種類編集

中毒発生の原因編集

  • 農薬の散布、調製、製造時などの不注意や事故
  • 自殺目的
  • 他殺や傷害目的
  • 誤飲
  • 農薬汚染された食物の摂取など

摂取の方法編集

症状編集

農薬の種類や摂取方法によりさまざまであるが、下記のようなことが多い[1]

応急処置編集

一般的には、下記のような処置を行なう。農薬のラベルや説明書に記載があれば、そちらに従うこと。

  • 経口摂取の場合、催吐(但し、石油溶剤を含むものおよび粘膜腐食性のあるもの、意識障害を伴う場合については禁忌[2]
  • 皮膚に付着した場合、流水で十分間ほど洗浄
  • 目に入った場合、流水で十分間ほど洗浄
  • 吸入した場合、汚染されていない空気のあるところに移動

遅発性の症状が現れることもあるので、原則として医療機関を受診することが望ましい。状況によっては心肺蘇生法や119番通報が必要かもしれない。 受診の際は、原因農薬の種類がわかる場合はそれを伝え、ラベルや説明書があれば医療機関に持ち込むこと。

なお、薬物を誤飲した場合牛乳を飲ませて希釈・胃壁保護をするという応急処置が良く知られているが、脂溶性薬物の場合は牛乳の脂肪により吸収が早まるため逆効果である。

  • クロルピクリンや有機リン剤を飲んだ患者の吐物により救急医療従事者が二次被害に遭う例がある。複数の有効成分を合わせた混合剤である場合や、補助成分である展着剤有機溶媒により症状が生じる場合もあるので、可能な限り薬剤の情報を多く得ることが必要である。

治療法編集

農薬の種類や摂取方法によりさまざまであるが下記のようなことが多い[3]

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集