メインメニューを開く
辺野古弾薬庫空撮(左上辺野古集落と比較すると建物の大きさが類推できる)
名護市周辺の遠景。中央下が辺野古岬

辺野古弾薬庫へのこだんやくこ)は、沖縄県名護市にある在日米軍海兵隊基地。総面積は、約1.21km2

基地概要編集

  • 市町村別面積比率:名護市 100%
  • 管理部隊:在沖米海兵隊基地司令部

辺野古弾薬庫が占める土地のうち、およそ1/7は私有地である。このため、年間1億円を超える賃借料が地主に支払われている。

使用部隊と任務編集

  • 第3役務支援群第3補給大隊辺野古弾薬中隊
弾薬の維持管理・補給。

地理編集

  • 国道329号の東側海岸部に位置し、国道を挟んでの西側と隣接しての南側は米軍施設のキャンプ・シュワブとなっている。辺野古弾薬庫、キャンプ・シュワブの東海域にはジュゴンの生息などが確認され、現在普天間基地代替施設の建設案がこの沖合に持ち上がっているが、地元住民をはじめ自然保護団体からも反対の声があがっている。

沿革編集

  • 昭和31年:辺野古弾薬庫、辺野古海軍弾薬庫として使用開始。
  • 昭和47年5月15日:沖縄県の復帰に伴い施設・区域が提供される(このとき2施設が統合され、現在の辺野古弾薬庫となった。
  • 昭和52年6月15日:施設管理が陸軍から海兵隊へ移管された。

関連項目編集

座標: 北緯26度32分 東経128度01分 / 北緯26.533度 東経128.017度 / 26.533; 128.017