牧港補給地区

沖縄県浦添市の西部に立地するアメリカ海兵隊の兵站施設

牧港補給地区 (まきみなとほきゅうちく 英語 Makiminato Service Area)、あるいはキャンプ・キンザー英語: Camp Kinser)は、沖縄県浦添市の西部(沖縄本島中南部の西海岸)に立地するアメリカ海兵隊兵站施設(基地)。

牧港補給地区
キャンプ・キンザー
浦添市
牧港補給地区.jpg
牧港補給地区
キャンプ・キンザー
嘉手納飛行場以南の土地の返還(統合計画).png
種類FAC6056
面積2,727,000㎡
施設情報
管理者沖縄の米軍基地 海兵隊
歴史
使用期間1945-

浦添市西部から浦添市北部にかけて長さ約3km、国道58号から西海岸にかけて幅約1km、市面積の約14%を占めている。戦後から沖縄の本土復帰前(沖縄返還前)にかけて、軍需物資の貯蔵や補給、修理などのための巨大な倉庫群・兵舎が建設され、米陸軍の極東随一の総合補給基地となった。

概要編集

浦添市の国道58号から西側の海岸までの南北3km、東西1kmに及ぶ広大な土地を占有し、那覇新港や商業地区の西海岸と国道58号の間に位置し、都市計画と振興開発の大きな弊害となっている。

  • 施設面積:2.694km2[1] (2019年1月1日)
  • 所有形態:国有地 0.290km2(全施設面積の約11%)、私有地 2.447km2(同約89%)
  • 管理軍別:アメリカ海兵隊
  • 推定兵力:約2,160人
  • 使用用途別:倉庫
  • 地主数:2,205人
  • 年間賃借料:4,809百万円(2012年度実績)
  • 従業員数:1,154人[2]
  • 管理部隊名:海兵隊キャンプ・バトラー基地司令部
  • 使用部隊名:第3海兵兵站群司令部
  • 使用主目的:宿舎、管理事務所及び補給処[3]

基地は 1. 倉庫地区、2. 隊舎地区、3. 住宅地区の3地区からなり、倉庫地区は国道58号線沿いに近接し、隊舎地区は施設の西側中央部に、住宅地区は施設南北に所在している。

沖縄戦で戦死し名誉勲章を追贈されたエルバート・ルーサー・キンザー海兵隊先任伍長にちなむ。キャンプ・バトラーの一部となっているが、キャンプ・バトラーは物理的な基地を意味するものではなく、沖縄の海兵隊施設全体を包含する際の呼称である。

施設番号 名称 統合
FAC6056 牧港補給地区
FAC6057 牧港補給地区補助施設 第7心理作戦部隊倉庫
牧港海軍倉庫

歴史編集

日本陸軍 南飛行場編集

  • 1944年昭和19年)5月1日 - 浦添村の城間、仲西、小湾で日本陸軍沖縄「南飛行場」として工事が始まる。仲西飛行場とも城間飛行場ともよばれ、いったん9月30日に完成する。1830mの滑走路を持つ特攻用飛行場として建設されるが、使用されないまま放棄された[4]
 
第1166工兵隊による牧港飛行場は本土攻略のため1945年6月から始まった。

米軍 牧港飛行場編集

  • 1945年(昭和20年)4月28日 - 米軍が陸軍沖縄南飛行場を接収し牧港飛行場 (Machinato Airfield) を建設、戦後、物資集積所として使用される[5]
  • 1948年(昭和23年) 2,650,000㎡を接収。天願から米陸軍第二兵站補給団が移駐。

牧港補給地区編集

  • 1972年(昭和47年) 沖縄の本土復帰(沖縄返還)の際に、最高統治機関として同地域に設置されていた米国民政府が廃止され、牧港補給地区となった。
  • 1974年(昭和49年)6月、第7心理作戦部隊解散。9月30日第15回安保協了承の土地約18,000㎡(北側部分2カ所)を返還。
  • 1978年(昭和53年)米陸軍から米海兵隊に移管され、キャンプ瑞慶覧から第三海兵隊役務支援本部などが移駐した。
  • 2018年(平成30年)3月31日、浦添市に所在する牧港補給地区の一部土地(国道58号沿い)が返還。

小湾地域編集

  • 小湾は同市で唯一、全地域が同基地に収容された字である。現在は僅かに基地外にも小湾地域はかかっているもののエフエム沖縄沖縄食糧などがあるのみで住宅地はない。そのため小湾住民は宮城に移住させられた。なお、小湾という名称は、宮城の「小湾自治会」や県道251号(パイプライン)の「小湾バス停」として残っている。
 
2013年 北側進入路1haの返還
2018年 国道58号沿い3haの返還

返還への取り組み編集

2013年 北側進入路1haの返還

  • 1ha

2013年8月31日、牧港補給地区と国道58号を接続する面積約1ヘクタールの道路 (北側進入路) が浦添市に返還され、安倍政権が4月5日に合意を発表した嘉手納以南の米軍基地返還計画[6]にもとづく第1号の返還となった[7]。この合意では大半が県内の代替施設の建設などの条件付きだが、この土地には条件がなかった[8]一方、返還後も日米地位協定に基づく施設間移動で米軍が使用することになる[9]

2018年 国道58号沿い3haの返還

  • 3ha

2018年3月31日、国道58号に隣接する土地 (約3ヘクタール) が返還された。1996年12月のSACO最終報告において2017年度中[10]に条件付き返還[11]することが合意されていたもので、国道58号の南北およそ2kmの区間が片側4車線に拡大される。5月20日にホテルで返還式典をおこない[12]、沖縄県知事選を意識したためか、菅義偉官房長官も出席した[13]

 
2019年 第5ゲート付近2haの返還
 
2025年予定 倉庫群地区の返還区域

2019年 第5ゲート付近2haの返還

  • 1.7ha

2019年3月31日、第5ゲート付近の区域 (約2ヘクタール) が返還された。嘉手納以南の米軍基地返還計画で2014年には返還される予定だったものである。細切れ返還というだけではなく[14]、周辺地域は鉛やPCBなど複数の汚染物質が検出されており、また化学物質が保管されていた場所にも近いため[15]、今後の除去作業が問題となる[16]

2025年予定 倉庫群地区の返還

  • 予定区域: 約129ha

安倍政権が発表した2013年の嘉手納以南の米軍基地返還計画では、牧港補給地区の倉庫群を嘉手納弾薬庫知花地区に移設する条件で、2025年までの条件付き返還合意が決定していたが、防衛省は米側と施設配置の調整を進めており、日米合同委員会で合意した基本計画を見直すことを発表した。マスタープランの見直しは統合計画の策定後初めてとなる[17]

その返還の条件とは以下の4の県内の米軍施設への移設・増設である。

  1. 陸軍倉庫のトリイ通信施設への移設。
  2. 国防省支援機関の施設の嘉手納弾薬庫地区の知花地区への移設。
  3. 海兵隊の倉庫、工場等のキャンプ・ハンセンへの移設。
  4. 海兵隊郵便局等のキャンプ瑞慶覧への移設[18]

嘉手納弾薬庫知花地区への移設をめぐり、米側が施設防護基準の厳格化を求めており、防衛省は市道知花38号の東側約40haに施設を配置する計画だったが、沖縄防衛局は西側においても約30haでも提供区域内の土地の利用者に立ち退きを求めており、移設面積自体が不透明な状態である[17]

 
キャンプキンザーで撮影された、ベトナムからの化学物質の集積場の様子。(1971年5月11日)

基地汚染編集

 
牧港補給地区での CBRN 対策訓練の様子。CBRN とは、化学(Chemical)、生物(Biological)、放射性物質 (Radiological)、核(Nuclear)を用いた兵器はそれぞれの頭文字をとってCBRN兵器と呼ばれる。
  • 昭和48年4月 - 廃油流出により沿岸帯が広範囲にわたって汚染される
  • 昭和49年12月19日 - 野積みのまま放置されていた薬物が容器の腐食で海へ流出し沿岸一帯を汚染し、多量の魚類が死滅。
  • 昭和50年1月 - 薬物の流出により沿岸一帯が広範囲にわたって汚染される。
  • 昭和50年8月 - 薬物流出牧港補給地区内の自動車整備場から車体洗浄用薬剤が流出し海岸一帯を汚染。同クリーナーの残液から 高濃度の六価クロム、鉛、カドミウム等の有害物質が検出される。
  • 昭和51年2月12日 - 害虫駆除中の従業員が、帰宅後意識不明に。体内から、大量の臭化メチルが検出。
  • 平成8年2月3日 - 民間の建設作業員掘削作業中に刺激物発生。
  • 1997年11月13日 - 倉庫で火災が発生し、次亜塩素酸カルシウムが燃焼した。
  • 平成21年4月22日 - 整備中車両から油圧オイル11リットル流出。
  • 平成21年4月27日 - 倉庫の汚水管から異臭のする液体が漏出、日本人従業員が不調を訴える。[19]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 在日米軍施設・区域(共同使用施設を含む)別一覧”. 2019年4月6日閲覧。
  2. ^ FAC6056牧港補給地区/沖縄県”. www.pref.okinawa.jp. 2021年1月2日閲覧。
  3. ^ 沖縄県「米軍基地環境カルテ 牧港補給地区」(平成29年3月)
  4. ^ 沖縄県「旧軍飛行場用地問題調査・検討報告書」平成15年度 PDF
  5. ^ 報道制作局, 琉球朝日放送. “65年前のきょうは1945年4月28日” (日本語). QAB NEWS Headline. 2020年4月12日閲覧。
  6. ^ 首相官邸「嘉手納以南の土地の返還計画共同発表」平成25年4月5日
  7. ^ Company, The Asahi Shimbun. “米軍補給地区の一部返還 「嘉手納以南」計画の第1号” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年2月23日閲覧。
  8. ^ 防衛省・自衛隊:SACO最終報告の概要・進捗状況等”. www.mod.go.jp. 2021年2月23日閲覧。
  9. ^ 琉球新報「キャンプ・キンザー北側進入路を返還 地権者が手続き」2013年9月1日 09:51
  10. ^ 防衛省 仮訳「沖縄における在日米軍施設・区域の統合のための日米両国の計画の実施日米共同報道発表」PDF
  11. ^ 防衛省・自衛隊:SACO最終報告(仮訳)”. www.mod.go.jp. 2021年2月23日閲覧。
  12. ^ 防衛省・自衛隊:牧港補給地区の一部土地(国道58号沿い)の返還について”. www.mod.go.jp. 2021年2月23日閲覧。
  13. ^ 報道制作局, 琉球朝日放送. “キャンプキンザーの一部返還で式典” (日本語). QAB NEWS Headline. 2021年2月23日閲覧。
  14. ^ キャンプ・キンザーの1.7ヘクタール、2018年度末に返還 地権者は「細切れ」反発も | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2021年2月23日閲覧。
  15. ^ 琉球新報「米軍、キンザー汚染認める 70年代にずさん処理 公開資料で判明」2015年11月9日 05:04
  16. ^ 沖縄防衛局「牧港補給地区(第5ゲート付近)(30) 支障除去措置に係る資料等調査支障除去措置に係る資料等調査概要版報告書」PDF 平成31年3月
  17. ^ a b 琉球新報「米軍キャンプ・キンザー返還遅れも 嘉手納移設で配置見直し」2020年11月5日 05:30
  18. ^ 防衛省「沖縄における在日米軍施設・区域に関する統合計画 (仮訳)」PDF p. 14. 平成25年4月
  19. ^ 沖縄防衛局「牧港補給地区(第5ゲート付近) (30) 支障除去措置に係る資料等調査概要版報告書」(平成31年3月)

外部リンク編集

座標: 北緯26度15分30秒 東経127度42分00秒 / 北緯26.25833度 東経127.70000度 / 26.25833; 127.70000牧港補給地区とエージェント・オレンジ (英語)