メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 信一(つじ しんいち、1952年 - )は、日本の評論家文化人類学者、環境運動家。明治学院大学教授。

人物編集

東京都出身。本名・大岩圭之助(大学内では本名で活動している)[1]。1977年に北米に渡り、さまざまな職業に従事しながらカナダアメリカの諸大学で哲学、文化人類学を学ぶ。1987年に米・コーネル大学で人類学の博士号を取得。1991年に帰国し、明治学院大学国際学部教授。「スローライフ」を提唱し、「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人、NGO「ナマケモノ倶楽部」世話人などを務める。戸塚にある善了寺を拠点にcafe de la teraなどの啓蒙イベントを定期的に行っている。デヴィッド・スズキサティシュ・クマール、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジなど様々な環境活動家との交友関係があり、アースデイなど各地の環境保護イベントに呼ばれて講演をしている。

著書編集

  • 『ヒア・アンド・ゼア 北米大陸ホーボー通信』(思想の科学社 1988.7)
  • 『日系カナダ人』(晶文社 1990.12)
  • 『ハーレム・スピークス 黒人ゲットーの今を生きる』(新宿書房 1995.6)
  • 『ブラック・ミュージックさえあれば』(青弓社 1995.10)
  • 『常世の舟を漕ぎて 水俣病私史』 緒方正人(語り)、辻信一(構成) (世織書房 1996.4)
  • 『スロー・イズ・ビューティフル 遅さとしての文化』(平凡社 2001.9 のちライブラリー)
  • 『スローライフ100のキーワード』(弘文堂 2003.7)
  • 『ピースローソク 辻信一対話集』(ナマケモノブックス 1)(ゆっくり堂 2003.5)
  • 『スロー快楽主義宣言! 愉しさ美しさ安らぎが世界を変える』(集英社 2004.8)
  • 『「ゆっくり」でいいんだよ』(ちくまプリマー新書)(筑摩書房 2006.9)
  • 『カルチャー・クリエイティブ 新しい世界をつくる52人』(ソトコト新書)(木楽舎 2007.11)
  • 『幸せって、なんだっけ 「豊かさ」という幻想を超えて』(ソフトバンク新書)(ソフトバンククリエイティブ 2008.3)
  • 『スローライフのために「しないこと」』(ポプラ社 2009.12)
  • 『しあわせ』 森雅之(イラスト) (大月書店 2010.9)
  • 『ナマケモノ教授のぶらぶら人類学』(素敬 SOKEIパブリッシング 2012.9)
  • 『英国シューマッハー校 サティシュ先生の最高の人生をつくる授業』(講談社 2013.3)
  • 『「しないこと」リストのすすめ 人生を豊かにする引き算の発想』(ポプラ社 2014.9)
  • 『弱虫でいいんだよ』(筑摩書房 2015.12)
  • 『よきことはカタツムリのように』(春秋社 2016.9)

共著編集

  • 『スロービジネス』 中村隆市 (ナマケモノブックス 2)(ゆっくり堂 2004.10)
  • 『だきしめてスローラブ ゆるやかにしなやかに男と女の性と愛』 三砂ちづる (集英社 2006.8)
  • 『そろそろスローフード 今、何をどう食べるのか?』 島村菜津 (ゆっくりノートブック 1)(大月書店 2008.6)
  • 『GNH もうひとつの〈豊かさ〉へ、10人の提案』(大月書店 2008.7)
  • 『テクテクノロジー革命 非電化とスロービジネスが未来をひらく』 藤村靖之 (ゆっくりノートブック 2)(大月書店 2008.9)
  • 『エコとピースの交差点 ラミス先生のわくわく平和学』 C・ダグラス・ラミス (ゆっくりノートブック 3)(大月書店 2008.12)
  • 『ゆるゆるスローなべてるの家 ぬけます、おります、なまけます』 向谷地生良 (ゆっくりノートブック 4)(大月書店 2009.3)
  • 『いよいよローカルの時代 ヘレナさんの「幸せの経済学」』 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ (ゆっくりノートブック 5)(大月書店 2009.6)
  • 『スローメディスン まるまる治る、ホリスティック健康論』 上野圭一 (ゆっくりノートブック 6)(大月書店 2009.12)
  • 『しんしんと、ディープ・エコロジー~アンニャと森の物語』 アンニャ・ライト(ゆっくりノートブック 7)(大月書店 2010.5)
  • 『自然農という生き方 いのちの道を、たんたんと』 川口由一 (ゆっくりノートブック 8)(大月書店 2011.5)
  • 『ホーキせよ! ポスト3・11 を創る』 ナマケモノ倶楽部 (ゆっくり堂 2012.9)
  • 『降りる思想 江戸・ブータンに学ぶ』 田中優子 (大月書店 2012.10)
  • 『他力・自力のしあわせ論 こうやって生きれば大丈夫』 野口法蔵 (七つ森書館 2013.6)
  • 『弱さの思想 たそがれを抱きしめる』 高橋源一郎 (大月書店 2014.2)

翻訳編集

  • 『ボディ・サイレント 病いと障害の人類学』 ロバート・F・マーフィー (新宿書房 1992.6 のち平凡社ライブラリー)
  • 『わたしは老いる…あなたは? 愛、セックスそして生命』 メリリー・ワイズボード (新宿書房 1998.4)
  • 『わたしと地球の約束 セヴァンのわくわくエコライフ』 セヴァン・カリス=スズキ (大月書店 2005.2)
  • 『ネコとサカナ』 ジョーン・グラント、ニール・カーティス (アールアイシー出版 2007.2)
  • 『きみは地球だ デヴィッド・スズキ博士の環境科学入門』 デヴィッド・スズキ(著)、キャシー・ヴァンダーリンデン(著)、小形恵共(翻訳) (大月書店 2007.10)
  • 『いのちの中にある地球 最終講義:持続可能な未来のために』 デヴィッド・スズキ(著)(日本放送出版協会 2010.9)
  • 『しあわせの開発学 エンゲージド・ブディズム入門』 スラック・シワラック(著)、宇野真介(翻訳) (ゆっくり堂 2011.7)

編集

外部リンク編集