この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 由美(つじ ゆみ)は、日本の翻訳家作家

略歴編集

東京教育大学理学部、同大学院修士課程修了。専攻は生物物理学

20代後半に渡仏し、約8年間滞在[1]パリのフランス語学校アリアンス・フランセーズ(fr:Alliance française)にてフランス語を一から学び、フランス語免状、現代フランス語上級資格、フランス語教員資格を取得。帰国後、1970年代末から翻訳を始めた。

受賞歴編集

作品リスト編集

著書編集

翻訳編集

  • P.サミュエル(Pierre Samuel『エコロジー 生き残るための生態学』東京図書 1974
  • ドミニック・シモネ(Dominique Simonnet『エコロジー 人間の回復をめざして』白水社[文庫クセジュ] 1980
  • ジャン・ポール・リブ(Jean Paul Ribes)『エコロジストの実験と夢』みすず書房 1982
  • ミッシェル・サロモン(Michel Salomon)『フューチャー・ライフ』みすず書房 1985
  • アンドレ・ゴルツ(André Gorz)『エコロジー共働体への道 労働と失業の社会を超えて』技術と人間 1985
  • <ショワジール>会編『妊娠中絶裁判 マリ=クレール事件の記録』みすず書房 1987
  • ウイリー・ローゼンボウム(Willy Rozenbaum『エイズを生きる』技術と人間 1987
  • ミシェル・エレル(Michel Heller『ホモ・ソビエティクス 機械と歯車』白水社 1988
  • フランソワ・ジャコブ『内なる肖像 一生物学者のオデュッセイア』みすず書房 1989
  • ピエール・ダルモン(Pierre Darmon)『性的不能者裁判 男の性の知られざる歴史ドラマ』新評論 1990
  • モネット・ヴァカン(Monette Vacquin)『メアリ・シェリーフランケンシュタイン』パピルス 1991
  • シャルル・メイエール(Charles Meyer)『中国女性の歴史』白水社 1995
  • シルヴィー・ジェルマン(Sylvie Germain)『マグヌス』みすず書房 2006
  • J.-B.ポンタリス(Jean-Bertrand Pontalis)『彼女たち 性愛の歓びと苦しみ』みすず書房 2008
  • ドミニク・アラミシェル『フランスの公共図書館60のアニマシオン 子どもたちと拓く読書の世界!』教育史料出版会 2010
  • フランソワ・チェンFrançois Cheng)『ティエンイの物語』みすず書房 2011
  • フランソワ・チェン『さまよう魂がめぐりあうとき』みすず書房、2013
  • パトリック・ドゥヴィル(Patrick Deville)『ペスト&コレラ』みすず書房、2014
  • ジャン=マルク・ドルーアン(Jean-Marc Drouin)『昆虫の哲学』みすず書房、2016
  • ジェローム・フェラーリ『原理 ハイゼンベルクの軌跡』みすず書房 2017

脚注編集