メインメニューを開く

近藤 乾之助(こんどう けんのすけ、1928年(昭和3年)4月18日 - 2015年(平成27年)5月1日)とは、シテ方宝生流能楽師[2]。重要無形文化財保持者[2]

こんどう けんのすけ
近藤 乾之助
生年月日 (1928-04-18) 1928年4月18日
没年月日 (2015-05-01) 2015年5月1日(87歳没)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 能楽師
ジャンル 舞台
活動期間 1933年 - 2015年
配偶者 近藤康美(妻)[1]
著名な家族 近藤乾三(父)
テンプレートを表示

目次

略歴編集

東京都出身[2]。父は近藤乾三、母は小鼓方大倉流宗家大倉六蔵の二女・喜久の長男。父に師事し[1]1933年 5歳で『鞍馬天狗』花見稚児で初舞台[3]

1935年、7歳で宝生英雄に入門。1946年、18歳『吉野静』で初シテ。1992年芸術選奨文部大臣賞受賞[3]。1995年紫綬褒章受章[3]。2001年日本芸術院賞受賞[3]。2004年旭日小綬章受章[3]。2010年エリクソンモービル音楽賞(邦楽部門)受賞。

2015年5月1日、膵臓癌のため死去[1]。87歳没。

関連書籍編集

  • 近藤乾之助 謡う心、舞う心(藤沢摩彌子著/集英社、2005年10月発売)

脚注編集

  1. ^ a b c “宝生流シテ方能楽師の近藤乾之助さん死去”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年5月2日). http://www.asahi.com/articles/ASH525V60H52UCVL00D.html 2015年5月2日閲覧。 
  2. ^ a b c “近藤乾之助氏死去(能楽宝生流シテ方、重要無形文化財保持者=総合認定=)”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年5月2日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015050200255 2015年5月15日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “訃報:近藤乾之助さん87歳=能楽シテ方宝生流の名手”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年5月2日). http://mainichi.jp/select/news/20150503k0000m040021000c.html 2015年5月15日閲覧。 

関連項目編集