近藤正慎

近藤 正慎(こんどう しょうしん、文化13年(1816年2月 - 安政5年10月23日1858年11月28日))は、江戸時代末期(幕末)の尊王攘夷運動家。清水寺寺侍。本姓は栗山、名は義重、通称は仲。

丹波国桑田郡(現・京都府)生まれ。京都清水寺成就院で出家。兄弟僧であった月照を支援し尊攘運動に身を投ずる。

安政の大獄に連座して捕縛され、六角獄舎において、月照の行方について拷問を交えて問われるが全く白状せず、獄中で舌を噛み切って壁に頭を打ちつけて自害した[1]。明治維新後従五位に列せられた。

孫に陶磁器の人間国宝である近藤悠三、曾孫に俳優の近藤正臣がいる。子孫は代々、清水寺境内で休憩所「舌切茶屋」を営む。

脚注編集

外部リンク編集