近藤 用勝(こんどう もちかつ、天正9年(1582年) - 元和4年8月4日1618年9月22日))は、江戸時代初期の紀州藩家臣。近藤康用の末子。通称平四郎、のちに平右衛門。六男に黒田用綱がいる。

はじめ徳川家康に仕え、のちに命により和歌山藩徳川頼宣に仕えた。法名は覚円。

参考文献編集

  • 寛永諸家家系図伝14