近藤 義晴(こんどう よしはる、1886年前後 - 没年不詳)は、満州ハルピンに本社のあった露西亜通信社の社長であり[1]満洲国協和会哈爾浜の事務局長でもあった。

著書編集

出典編集

  1. ^ 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B02031126300、在外本邦通信社関係雑件(A-3-6-001)(外務省外交史料館)」 6.在哈爾賓西亜通信社関係