メインメニューを開く

概要編集

プロ野球球団の横浜DeNAベイスターズの二軍の本拠地である硬式野球場の横須賀スタジアムのほか、軟式野球場、テニスコート等の運動施設を有している。

なお、ベイスターズ球団と横須賀市は、2016年4月に基本協定を締結し、2019年6月まで使用していた長浦町の横浜DeNAベイスターズ総合練習場の機能を、追浜公園に集約するために、第二・第三野球場の改修工事を施し、都市公園から除外した上で、練習用サブ球場と屋内練習場、合宿所を建設。「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA(ドック・オブ・ベイスターズ・横須賀)」の名称で、同年8月17日にオープンした[3]

このベイスターズ2軍の練習機能の統合と、追浜公園第二・第三野球場の一般市民への用途廃止に伴い、横須賀市では新たに、横須賀市浦郷地区(リサイクルプラザ・アイクル隣接地)と佐原地区(佐原2丁目公園。リーフスタジアム隣接地)にそれぞれ市民利用を目的とした野球場を整備し、順次オープンしている[4] [5] [6]

主な施設編集

脚注編集

  1. ^ 指定管理者制度導入済施設一覧
  2. ^ 都市公園条例
  3. ^ “横浜DeNAベイスターズ総合練習場の移転”. 横須賀市. (2018年7月2日). オリジナルの2019年9月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/GOIh1 2019年9月19日閲覧。 
  4. ^ “横須賀市とベイスターズ、2軍練習場の追浜公園移転で合意”. 日経BP. (2018年7月2日). オリジナルの2019年9月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/0EBwZ 2019年9月21日閲覧。 
  5. ^ “横須賀市 夏島グラウンド 供用開始 ベイ練習拠点集約で新設”. タウンニュース・横須賀市. (2018年9月28日). オリジナルの2019年9月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/NeubB 2019年9月21日閲覧。 
  6. ^ “佐原野球場が供用開始 野球専用の人工芝”. タウンニュース・横須賀市. (2019年3月29日). オリジナルの2019年9月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/7XeBQ 2019年9月21日閲覧。