メインメニューを開く
連通管
連通管に液体を入れた時のアニメーション

連通管(れんつうかん)とは、液体を入れる2つ以上の容器を液体が流通できるように連結したである。

長い管で底をつないだ連通管にを入れたものは水盛りと呼ばれ[1]、離れた2点の高さの測定する時に用いられる。

脚注・参考文献編集

  1. ^ 彌永昌吉・中村誠太郎、三村征雄、湯川秀樹 『万有百科大事典 16 物理・数学』 相賀徹夫、小学館〈日本大百科全書〉(原著1976年4月20日)、初版(日本語)、606ページ。

関連項目編集

装置編集