連邦労働党 (バハマ)

連邦労働党(れんぽうろうどうとう、英語: Commonwealth Labour Party)は、かつて存在したバハマの小政党。1972年バハマ総選挙英語版で立候補者を出したが254票しか獲得できず落選した[1]

脚注編集

  1. ^ Nohlen, D (2005) Elections in the Americas: A data handbook, Volume I, pp. 79-82. ISBN 978-0-19-928357-6